坂口健太郎、柴咲コウと初共演で“初恋の人”に「今からとても楽しみ」

坂口健太郎、柴咲コウと初共演で“初恋の人”に「今からとても楽しみ」

 俳優の坂口健太郎が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)に出演することが10日、わかった。柴咲コウ演じる主人公・今村望美の初恋の相手、広瀬結人(ひろせゆうと)役に起用された。柴咲とは今作が初共演となる。内容については『25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった―』というコピーのみが明かされており、謎に包まれていた今作だが詳細も明らかになった。



【写真】”35歳の少女”を演じる柴咲コウ



 今作は同局の人気ドラマ『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結。『〇〇妻』(2015)以来、5年ぶりに柴咲コウと脚本家・遊川和彦がタッグを組む。1995年――不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、今村望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。ただ一人、母親だけは娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。



 そして、2020年。心は10歳、だけど体は35歳。25年ぶりに少女が目覚めた。すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の“時をこえた”成長物語を描く。



 結人は望美の小学校のクライメイトで初恋の相手。一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。自信のなさを隠すために、他人の批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美との“再会”で、そんな自分を見直していく。望美への想いもふたたび芽生えて…。体は自分と同じ35歳、しかし、心は10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていくという役どころだ。



 坂口は出演にあたり「初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです」と期待を寄せる。「最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こるさまざまな出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたらうれしいです」と意気込んでいる。
カテゴリ