平川大輔、劇場版『鬼滅の刃』収録は濃密 キャラたちの魂の叫び「感じて」

平川大輔、劇場版『鬼滅の刃』収録は濃密 キャラたちの魂の叫び「感じて」

 人気アニメ『鬼滅の刃』の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、10月16日に公開される。先日、本予告映像も解禁となり、公式サイトではキャストからのコメントも掲載されている。



【写真】「死ななくてよかったな」鬼滅収録で叫んだ花江夏樹



 鬼の下弦の壱・魘夢(えんむ)役の平川大輔は「キャストの皆さんの熱気と迫真のお芝居をしっかりと受け止めつつ、それによって込み上げてくるさまざまな感情はグッと押さえこんで魘夢役に徹する収録は、なんとも言えない濃密な時間でした」と収録を回顧。



 「圧倒的に美麗でダイナミックにして繊細な映像と音楽、そしてキャラクター達の魂からの叫びを劇場でぜひ感じていただけたらと思います」と呼びかけた。



 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた同名漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、主人公の少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリー。



 コミックスは現在シリーズ累計8000万部を突破する人気作品で、昨年4月から9月にテレビアニメ(全26話)が放送されると、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像などが人気を博し社会現象化した。



 テレビアニメの続編で最終話からつながる今回の劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開。炭治郎たちが任された新しい任務は、煉獄とともに短期間のうちに40人以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索する。
カテゴリ