ニコール・キッドマン、酒浸りの中年刑事役で新境地『ストレイ・ドッグ』10・23公開

ニコール・キッドマン、酒浸りの中年刑事役で新境地『ストレイ・ドッグ』10・23公開

 オスカー女優ニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦し、ゴールデングローブ賞主演女優賞ノミネートを果たした最新作『Destroyer』(原題)が、『ストレイ・ドッグ』の邦題で、10月23日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開される。



【写真】17年前の潜入捜査のシーン



 すべての始まりは、17年前の<潜入捜査>だった。 ロサンゼルス市警の女性刑事エリン(キッドマン)の元に届いた一通の封筒。それは17年前にFBI捜査官クリスと共に犯罪組織への潜入捜査を行った際、逃がした組織のボスから届いた挑戦のメッセージだった。取り返しがつかない過ちを犯し、以来、心に深く刻まれた罪悪感。その過去に決着をつけるため、エリンは砂漠地帯へと車を走らせるが――。



 本作で酒浸りの中年刑事を演じることは、ニコールにとって美人女優というイメージを覆し、キャリア自体を破壊しかねない危険な賭けだった。だが、特殊メイクを施して顔かたちを変え、激しい暴力シーンや銃撃戦にも臆せず、加えてエリンというキャラクターに複雑な陰影を与えたその演技は、全米マスコミから大きな注目を集め、「迫真の名演」(NEWYORK TIMES)、「キャリア最高の演技」(COLLIDER)、「こんなニコール・キッドマンは見たことがない」(VARIETY)、など、絶賛評が相次いだ。その結果、ニコールは2019年ゴールデングローブ賞・主演女優賞にノミネートされ、そのチャレンジ精神と演技力はあらためて高く評価されることに。



 本作のメガホンをとったのは、日系女性監督のカリン・クサマ。脚本を読んで役を熱望したニコールと四つに組み、“直射日光下のノワール”を目指して、実際の犯罪多発地帯を含むロサンゼルス全域でオール・ロケを敢行した。



 『L.A.大捜査線/狼たちの街』『ハートブルー』『ヒート』『ドライヴ』など、ロサンゼルスを舞台にした数々の犯罪映画の秀作、傑作に連なる現代版フィルム・ノワール=ネオ・ノワールの世界を強烈なタッチで描き上げている。



 善悪の境界線上で身も心も引き裂かれる一人の女性の過酷な運命を描いた、ニコールとクサマ監督のこん身の野心作にして、二人の新たなる代表作と呼ぶにふさわしい作品。
カテゴリ