もっと愛される!彼も喜ぶ「上手な甘え方」

もっと愛される!彼も喜ぶ「上手な甘え方」

ワガママ放題に見える女性が、男性からすると「甘え上手」なのかもしれません。


好きな彼にお願いをかなえてもらって、しかも可愛がられちゃう!


そんな、甘え上手のポイントを見ていきましょう。



甘えるのは「二人きりのとき」


「普段は凛とした感じの彼女が、二人になると必ず甘えてくるのが可愛い。

人通りが少なくなったとたんに腕を絡めてきたりとか……!


外ではほんとに普通の顔をしてるから『今日は甘えてこないかも?』と思うんだけど、家についたら必ず甘えん坊になる。

そのギャップにわくわくする感じもあるんです」(29歳・男性)


二人きりになった時に甘えてくる彼女なら、照れたりせずに上手に受け止めてくれる男性が多いです。


男性は社会性を重視するので、人目を気にせずベタベタしたがる女子のことを「人前で素を見せても平気=空気が読めない」と感じることも。


それでは友達にも紹介しにくいし、本命候補には厳しいという声も。


オフィシャルな場と二人の時の態度にメリハリをつけることは、ただ「可愛い♡」と思われる以上にメリットのあることかもしれません。


やってもらうのは「彼の得意なこと」


「僕はカフェ勤務の経験があるので、ちょっとした料理は彼女より得意。だからよく『ご飯作って♡彼くんのほうが上手だもん。おいしいの食べたい♡』って頼まれる。

片付けまで自分がやりがちなので、調子いいな……と思うけど、可愛いんだよね。おいしそうに食べてくれるし」(31歳・男性)


ホントに甘えてもいいの?と心配な女子は「彼の得意なことをしてもらう」のがいいでしょう。


力仕事はもちろん、「映画に詳しい」など、趣味の分野で頼るのも男性のプライドを満たせる甘え方です。


このケースのように図々しいような甘え方でもいいの……?と疑う女子もいますが、彼の長所をアピールする機会を与えることは、甘えというかむしろサービス。どんどんやった方がいいんです。


頼られる楽しさを覚えると、得意分野以外でも頼らせてくれるようになります。


「いいよ、こんなの悪いし、私がやる」より「やって♡」のほうが断然かわいいですし、自分の得意なことでほめてもらえるのなら、喜ばない男性はいないはず。


やって損はありません。


これはしないで!男性に聞く「うれしくない甘え方」


地雷を踏まない自信があれば、もっと気軽に彼に甘えられるはず。


多くの男性が「うれしくない」と言うのが「人前で甘える」こと。


「甘えられてても、男の方が尻に敷かれているように見える」「とにかくみっともないし恥ずかしい」と、シャイな男性中心に不評のようです。


また、


「夜中なのに、今すぐ会いたいとかいう無茶ぶり」

「すぐ、買って♡っておねだりされる」

「仕事が忙しいのに、浮気だと騒がれる」


などの無理難題系は、可愛いどころか「むしろウザい」という声が……。


年が離れている場合など、「ワガママぶりが可愛い」という男性もごく少数いますが、基本的には避けておいた方がよい態度と言えるでしょう。


上手な甘えは心を近づける


甘えベタさんは、甘えることに罪悪感を持ってしまいがち。


でも、少しのコツはいるものの、男性だって彼女に甘えられるのはうれしいものなのです。


甘えられることで、素を見せてもらえたと感じ、心が近づくことも多いですよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ