イモトも信頼するパーソナルトレーナーに密着 長濱ねるは“マッサージ”の失敗談を明かす

イモトも信頼するパーソナルトレーナーに密着 長濱ねるは“マッサージ”の失敗談を明かす

 11日放送のカンテレ・フジテレビ系『セブンルール』(後11:15)では、パーソナルトレーナー・三浦香織さんに密着する。



【写真】グループ卒業以来、初メディア出演!長濱ねるの最新撮り下ろしショット



 三浦さんは、東京・西麻布にあるトレーニングジム「デポルターレクラブ」で、約50人にマンツーマンでのトレーニングを行っている。三浦さんのもとには、タレントのイモトアヤコや女優の松雪泰子など、多くの著名人が訪れ、トレーニング指導を受けている。



 イモトは、三浦さんについて「ずっと元気ですよね。ちょっと年上なんですけど、ああいう風な女性になりたいなと思います」と絶賛。そんな三浦さんは茨城県出身で、小学校から大学までバスケットボール一筋で過ごしてきた。大学時代、スランプに陥った時にコーチに個人指導を受け、成長できたことがきっかけでパーソナルトレーナーを目指した。



 当時はパーソナルトレーナーの認知度は低く、女性も少数。「なめられたくない。女性の私でもできるというのを見せたい」と顧客の信頼を得るために、自分自身を高め続けた。 自身のトレーニングは開店2時間前の朝7時から。「夜だと何かと言い訳をつけてやらなくなるから」と朝から自分を追い込む



 「黒子として、必要としてもらえる存在になれたらいい」。十人十色の肉体と向き合い、美しい体と心へ導く三浦さんの7つのルールに迫る。スタジオでは、三浦さんのあるルールから「マッサージ」の話題で盛り上がる。マッサージを受けることが多いと話す長濱ねるは「強め」でお願いした結果、大抵揉み返しにあってしまうと明かす。



 本谷有希子氏は、自分に合う強さをお願いするタイミングを逃してしまい、後悔することがあると告白。さらに、中学時代のある経験について、長濱が無意識に発した言葉に尾崎世界観が傷心してしまう一幕も見られる。
カテゴリ