有安杏果、自作曲「ナツオモイ」配信リリース

有安杏果、自作曲「ナツオモイ」配信リリース

 シンガー・ソングライターの有安杏果がきょう12日、2ヶ月連続となる配信シングル「ナツオモイ」を自身が設立したレーベル「APRICOT MUSIC RECORDS」からリリースした。



【写真】夏の終わりの哀愁を歌った「ナツオモイ」ジャケット写真



 本作は、昨年夏に開催された『Pop Step Zepp Tour 2019』で初披露した際、「夏の終わりの哀愁を想い作った曲」と話していたミディアムバラード。作詞作曲は有安が、アレンジはバンドメンバーでもある山口寛雄(Ba)が手がけた。



 有安は「是非、今年の夏は…いや来年も再来年もずっとこの季節になったら思い出してもらえるようなそんな曲になったら嬉しいです」とコメントしている。



■有安杏果コメント

「ナツオモイ」は

なんとなくピアノを触っていた時に

ふとメロディーと一緒に

“君の声が聴きたくなっちゃったなぁ”

というフレーズが生まれてきて作った

夏が終わる切ないラブソングです。



主人公の繊細さや、踏み出せずにいるもどかしさ、

ストーリーがちゃんと伝わるように

歌詞はぎりぎりまで何度も細かく書き直しました。



是非、今年の夏は…

ぃや来年も再来年もずっと

この季節になったら思い出してもらえるような

そんな曲になったら嬉しいです。

よろしくお願いします。
カテゴリ