90年代×映画『KIDS』『バッファロー’66』 東京・渋谷で期間限定上映

90年代×映画『KIDS』『バッファロー’66』 東京・渋谷で期間限定上映

 2度のオスカーノミネートを果たし、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』『21ジャンプストリート』などの出演でも人気の俳優ジョナ・ヒルの監督デビュー作『mid90s ミッドナインティーズ』(9月4日公開)。タイトルにある “90年代”にちなんで、【『mid90s ミッドナインティーズ』ムビフェス】が実施される。



【動画】映画『mid90s』本編シーン



 第1弾企画は、 “90年代×映画”。『KIDS』(製作:1995年、監督:ラリー・クラーク)と『バッファロー’66』(製作:1998年、監督:ヴィンセント・ギャロ)が、東京・渋谷のホワイトシネクイントにて8月21日~9月3日の期間限定で特集上映される。



 『mid90s ミッドナインティーズ』は、ジョナ・ヒル自身が少年時代を過ごし、愛してやまない90年代のさまざまなLAカルチャーを背景に、少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)がスケートボードを通して大事な仲間に出会い、大人への扉を開いていく青春ストーリー。ニルヴァーナ、ピクシーズ、モリッシー、ファーサイド、ア・トライブ・コールド・クエスト、など90年代当時のヒット曲や90年代当時のファッション、カルチャーがちりばめられている。



 そんな90年代に製作された『KIDS』と『バッファロー’66』。『KIDS』は、“19歳の本当のKIDS”だったハーモニー・コリンが脚本を担当。セックス、ドラッグ、アルコール、暴力が日常にあるNYに生きるストリートキッズのリアルな生態をドキュメンタリータッチで描いた“異色の青春映画”。公開時には上映禁止運動がアメリカで起こるなど物議を醸すなど話題を呼んだ。



 『バッファロー’66』は、ミュージシャンや俳優、モデルなど多方面で活躍するヴィンセント・ギャロが監督を務め、オフビートな映像とプログレ音楽を融合させた抜群のセンスで話題を呼び、日本でもカルト的人気を誇った作品。両作とも “90年代ムーブメント”を象徴しつつ、今みても新しい感覚にあふれる2作品。



 ライフスタイルがデジタル化される最後の時代――混沌としながらもさまざまなアート、音楽、ファッションなど新しいカルチャームーブメントが生まれた90年代は。時代の作り手や時代によって描かれる“それぞれの90年代”を映画館で堪能する貴重な機会となっている。



 なお、第2弾以降の企画としては“90年代×音楽”、“90年代×ファッション”などをテーマに開催予定。決定次第映画公式SNS(ツイッター&インスタ:@mid90s_JP)などで詳細を発表する。



■『mid90s ミッドナインティーズ』ムビフェス



第1弾企画:“90年代×映画” 特集上映!『KIDS』『バッファロー‘66』

実施劇場:渋谷ホワイト シネクイント

上映期間:8月21日(金)~9月3日(木)

『バッファロー‘66』 8月21日(金)~27日(木)

『KIDS』 8月28日(金)~9月3日(木)

※上映時間およびチケット販売方法、販売状況は劇場の上映スケジュールで確認してください。

https://www.cinequinto.com/white/

チケット料金:1000円(税込)均一

カテゴリ