彼氏をいつの間にか「ダメ男」にしてしまう行動とは?

彼氏をいつの間にか「ダメ男」にしてしまう行動とは?

男性から尽くされる恋愛がしたいのに、気がついたらいつも自分のほうが尽くしてしまう……。


そんな恋愛パターンから抜け出したいと思ったときは、自分の行動を見直してみるのが近道かもしれません。


女性側の接し方がまずかったせいで彼を「ダメ男」にしてしまった失敗談について聞いてみました。



やってくれたことに文句を言ってしまっていた


「同棲するときに家事分担をする約束だったのに、食べてすぐにお皿を洗わない、洗い物をしてもヌルつきが残っているなどにイラッとして文句ばかり言っていたら他の家事までやらなくなりました。どうして成長しようとしないのだろう」(28歳/コンサル会社勤務)


「このくらい常識で考えたらできるでしょ」という期待は、彼氏をダメ男にしてしまう考え方です。


自分の決めた基準に達しない彼の行動は全部不満に思えてしまうと、相手も「頑張ってもどうせ評価されないし」とやる気をなくしてしまうのです。


「こうしてほしい」は具体的に言わないと伝わらないですよ。


やってくれてもリアクションが薄い


「彼が予約したお店のセンスが悪くて、それが態度に出てしまっていたんだと思うんですが……。あるとき、『だって全然褒めてくれないし』と言われてしまったんです」(26歳/美容関係会社勤務)


男性から尽くされ上手な女性は、リアクションが大きくて喜びを伝えるのが上手いという共通点がありそうですね。


逆に、尽くされ下手な女性は「イマイチなのに褒めてしまったらこれでいいんだと思われてしまうかも」と恐れて褒められないのではないでしょうか。


褒め上手になることを意識してみるのは有効です。


他人と比べてしまっていた


カップルのNG会話は?


「ホワイトデーに彼がご飯につれていってくれたんですが、プレゼントはナシ。つい『彼氏がお返しをくれないなんて聞いたことがない』と冗談っぽく言ったら、彼が『他人と比べるな』と激怒。結局、私の誕生日も何もしてくれませんでした」(27歳/飲食関係勤務)


これはプレゼントが欲しかったのではなく、分かりやすい形で愛情を確認できるものが欲しかったのかもしれないですね。


でも、そこに他人と比較するような言い方をしてしまうと、男性のやる気はダウンしてしまいます。


素直に「形でプレゼントを貰えると嬉しい」という言い方をしたほうが伝わりやすいですよ。


長い目で見守ることも大事


相手が「してほしい」と思っていることを先回りして察する気の利く女性ほど尽くす女になりがち。


それはもしかしたら、「自分がやったほうが早い」と思って待てないことも原因なのかもしれません。


「最初から完璧に良い男はいない」と思って育てる気持ちを持つほうが、実は自分好みの尽くし方をしてくれる彼氏にするための近道になるのではないでしょうか。


(ライター/上岡史奈)


(愛カツ編集部)



カテゴリ