元欅坂46・今泉佑唯、新型コロナウイルス感染 現在は自宅で治療中

元欅坂46・今泉佑唯、新型コロナウイルス感染 現在は自宅で治療中

 元欅坂46で女優の今泉佑唯(21)が、新型コロナウイルスに感染したことを12日、所属事務所のエイベックスが公式サイトが発表した。現在は自宅にて治療を行っており、濃厚接触者については保健所より「該当者無し」と判断されている。



【写真】現在放送中のドラマに“アザカワ女子”として出演している今泉佑唯



 今泉は6日夜に発熱症状が見られ、以降は自宅にて療養。8日に医療機関でPCR検査を受診し、11日に新型コロナウイルスに感染していると判断された。



 なお、8日深夜放送のMBSラジオ『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』は、体調不良のため欠席。同日に自身のツイッターで「大事をとってのお休みなので心配しないでね、、!」とつづっていた



 事務所はサイトでは「いつも応援してくださっているファンの皆様、仕事関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けしますことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。



 今泉は2015年8月から欅坂46の1期生として活動し、2018年11月に卒業。19年1月からエイベックスに移籍し、女優・モデルとして活躍している。現在放送のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『真夏の少年~19452020』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に出演中。
カテゴリ