意中の彼が「期待外れ」だと思う「NG女子」の特徴 

意中の彼が「期待外れ」だと思う「NG女子」の特徴 

デートができたからもう「脈アリで決まり」……なんて思っていませんか?


実は、男性が「この子かわいい!」と思ってデートをしても、「ごめん、無理かも」と逃げ出したくなる「NG女子」もなかにはいます。


では、どういう子がNG女子なのでしょうか?


一緒に見ていきましょう。



レジで棒になる女子


顔も性格もタイプで食事に誘った彼女。


楽しい時間を過ごしたけれど、会計時にその気持ちがスッと冷めてしまうことも。


それまで身振り手振りをつけて生き生きと話していた彼女が、レジに行った途端、棒立ち状態に……。


「ごちそうさま」と言う訳でも、財布を出す訳でもなく、ただただ無言で立っているだけの「棒立ち女子」に変身してしまう。


そして外に出た途端、「次、どこ行く?」の発言。


「お金出してよ、までは言わないけど『ごちそうさま』くらい言えないの?」と男性をなんだか残念な気持ちになってしまうかも。


キャッシュレスの人も多いですが、そんなことは関係がなく、ひと声かけるなり何かしらの手段で払おうとする姿勢を見せることが大切でしょう。


たたみかける女子


デートの最中から、「今度、どこ行く?」「次の日曜日はどう?」などと、たたみかけるように予定をキープしたがる女性は、男性に引かれてしまう可能性があります。


彼と過ごしたい気持ちがありすぎて、できるだけ前もって予定を入れたくなる気持ちは分かります。


ですが、基本的に男性はたたみかけられるのが嫌なタイプが多く、逆に主導権を握りたい傾向が。


なので彼に誘われるように持っていくがベターで、「この日はどう、ダメならこっち」と女子側からガツガツいくと嫌がられてしまう可能性も。


彼にNG女子扱いをされないように気をつけたいところです。


SNSに生きる女子


一緒に食事に行ったり、景色のきれいな場所に行ったりすると、やたらと写真を撮りまくる彼女。


しまいには、SNSに「匂わせ投稿」をして、彼にSNSでも分かりやすく関わりを持ってくる……。


つき合っているなら、まだいいですが、つき合っていない場合、さすがに引かれてしまう可能性が。


SNSで好意を寄せられている異性からメッセージがくると、男性は微妙な気持ちになるようです。


相手を好きなら嬉しいですが、まだ好きまで昇華していない場合は、その頻度や内容によってはゲンナリしてしまう場合も。


誰でも見れるオープンなSNSでは、明らかに馴れ馴れしく見える投稿は避けた方無難でしょう。


また、彼と交際関係のある場合に彼と共通する知り合いがいて、その仲間にはまだ交際を知られていないなら「匂わせ投稿」にも気をつけてくださいね。


めざとい人には気づかれることもありますし、「○○君の彼女って独占欲の強い女性なのかな」と思われてしまう可能性も。


自虐ネタ女子


よく「私なんて失敗ばかり」「男運悪いから、きっといい彼氏できない」などと、自虐ネタを連発しがちな女子っていますよね。


そんな女子には、やさしい男性ほど「そんなことないよ」などとフォローをしてくれるかと思います。


しかし、正直、ネガティブ発言ばかりだとフォローするのもだんだんとくたびれてしまいがち。


自虐ネタは、自分を下げて相手をあげているフリをして、実は相手にフォローしてもらって満足感を得るのを目的にしている傾向が。


振り返ってみて、会話のなかでそんな自虐ネタをやりがちだと思い当たるなら、NG女子だと思われる前にやめるようにするのがベターかと思います。


「私なんて、ダメな人間だから」と言いたくなったら、「そんなことないよ、君は素敵だよ」と脳内のイケメンに言ってもらい、グッと飲み込む癖をつけてみてください。


現実でそんなフォローをしてもらおうとすると、めんどうな女子だと思われて厄介でしょうから、脳内イケメンにプラスの言葉をたくさん言ってもらうのです。


相手に「めんどうだな」「フォローしなきゃな」と負担を負わせることも、あなたのイメージダウンになることもなく、あなた自身はポジティブになれるはず。


話す言葉であなたの印象は決まるもの。


一時の感情ではなく長い目で見るのを優先し、ときには堪えることも必要です。


彼にNG女子だと思われない、素敵な女性を目指そう!


大好きな彼に「金輪際、会いたくない!」と思われたら哀しいですよね。


そう思われるような要素は、とことん排除して、彼を虜にする素敵な女性を目指しましょう!


(なつくま/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ