日向坂46佐々木久美&富田鈴花、話題のライダー俳優と大学生3人組を好演【コメントあり】

日向坂46佐々木久美&富田鈴花、話題のライダー俳優と大学生3人組を好演【コメントあり】

 人気アイドルグループ・日向坂46の佐々木久美、富田鈴花が、13日放送の日本テレビ系バラエティー『THE突破ファイル2時間スペシャル』(後7:00)の再現ドラマパートに登場。『仮面ライダーゼロワン』で注目を集める若手俳優の桜木那智とともに、再現ドラマ「車の下敷き」で、思わぬ事故に見舞われてしまう大学生3人組を演じる。



【別カット】夏らしい衣装で笑顔&決め顔を見せる日向坂46



 大学のダンスサークル仲間のクミ(佐々木)、スズカ(富田)、テツヤ(桜木)の3人が、サークルの合宿に参加するため、テツヤの運転する車で田舎道を走っていると、車から異常な機械音が。テツヤが近くの駐車場に車を止め、車の下に潜って点検を始めるも、ジャッキが壊れて、車の下敷きになってしまう。



 呼吸もままならないテツヤを助けようと、佐々木と富田は、近隣の農家の若者(四千頭身・石橋遼大)やキッチンカーの販売員(四千頭身・都築拓紀)、さらには巡回中に偶然近くを通りかかった磯山巡査(磯山)にも協力を求め、必死に救出を試みるが、どんな手を使っても車体はいっこうに上がらない。果たして、車の下敷きになった男性を救助した、驚きの突破方法とは。



 “突破方法”を思いつく、物語のキーパーソンを演じた佐々木は、撮影後に「以前、スタジオに出演させていただいた時に『再現ドラマに出たい』と言っていたので、決まったときはとてもうれしかったです!」と、念願の突破ドラマ初出演に喜び。「出たいと言っていた分、逆にプレッシャーにもなって(笑)、緊張してしまいました」と打ち明けた。



 「私も、再現ドラマに出ることが楽しみでした」という富田は「台本は切迫した感じの物語なのに、現場はとても愉快で、放送がより楽しみになりました」と充実した撮影を回顧。桜木も「『(THE)突破ファイル』をずっと見ていたので、再現ドラマに出られてとてもうれしい」と番組初登場の感想を語った上で「次は、スタジオにも行けるように頑張りたいです」と意気込んでいた。



 今後、演じてみたい役柄について、佐々木は「私はやっぱり『突破交番』がずっと憧れだったので、婦警さん役で磯山巡査の部下になりたいです! 磯山巡査がちょっとドジキャラなので、先輩を支えるしっかり者の後輩の役(?)をやってみたいです」とコメント。富田は「前から言っていたのですが、ハッカーの役に挑戦してみたいです! 犯罪者の役で、捕まる役です(笑)」と意気込み十分で、桜木は、「今回はいじられキャラの男性だったので、次はキャーキャー言われるような役をやりたいです(笑)。青春モノだったり、レスキューや自衛隊シリーズなどの肉体系のドラマにもチャレンジしてみたい」とアピールした。
カテゴリ