広島県の珍スポット!? とよまつ紙ヒコーキタワー&昭和のおもちゃ資料館が相互入館割引を実施

広島県の珍スポット!? とよまつ紙ヒコーキタワー&昭和のおもちゃ資料館が相互入館割引を実施


広島県にある、紙ヒコーキを飛ばすために作られた展望タワー「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」と、昔懐かしい昭和のおもちゃ約1万点が展示される「昭和のおもちゃ・資料館」がコラボレーション!相互入館で入館料が割引となる、お得なサービスを実施中だ。

とよまつ紙ヒコーキ・タワー


2003年に建てられた「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」は、世界でも珍しい、展望台から紙ヒコーキを飛ばすことができるタワー施設。入館料は小学生以上から1名につき300円で、5枚のエコ用紙がもらえる。


エコ用紙を使い、1階の作業スペースで紙ヒコーキを折ったら、エレベーターで地上15mの展望台へ。


展望台に着いたら、遠くに大山や道後山、比婆山連峰などを臨む雄大な景色の中へ、紙ヒコーキを飛ばそう。エコ用紙は、サトウキビの搾りかすを原料に作られており、分解され土に返るので安心して楽しめる。

また、同施設は“恋人の聖地”にも認定。タワー内では縁結びに因んだハート形の紙ヒコーキが折れる折り紙“紙恋(かみこい)”の販売などもあり、家族や友人同士だけでなくカップルのデートにもおすすめだ。

昭和のおもちゃ・資料館



「昭和のおもちゃ・資料館」は、2019年に神石高原町の商業施設「とよまつプラザ21」内にオープンした施設。


ミニカーやブリキのおもちゃ、人形など昭和の時代に子どもたちを魅了したおもちゃ類をはじめ、「よみ・かき・そろばん」に因んだ教材やナウマン象の化石など、珍しい資料が展示されている。

入館料は、併設の憩いスペース「ちょっとよりんさい」で飲めるドリンク付きで、小学生以上1名につき300円。昔の遊び道具を自由に使って遊べるスペースも用意されており、今後はけん玉大会の開催も予定しているという。

相互入館割引サービス



今回の割引サービスでは、同日に「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」と「昭和のおもちゃ・資料館」両施設に来館する場合に限り、後で訪れる施設の入館料が100円割引となる。


割引が適用されるのは、両施設が同日に営業する火・木・土曜日のみ。詳しくは、受付時に各施設のスタッフから説明を受けよう。

新型コロナウイルス対策について


現在、両施設では、受付にアルコール消毒液を設置し、3密を防ぐ対策を実施中。さらに「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」では、1階及び展望台の窓を開放し常に換気を行っているほか、隣の席と一定の距離を空けるように椅子の数を調整している。

昔ながらの遊びが体験できる広島県の珍スポットに足を運び、童心に返ってみてはいかが?

■「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」
住所:広島県神石郡神石高原町下豊松381

■「昭和のおもちゃ・資料館」
住所:広島県神石郡神石高原町上豊松1767-1 豊松プラザ21内

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします
カテゴリ