菅田将暉、米津&あいみょんら“同世代”から刺激 中村倫也のメッセージに苦笑い?

菅田将暉、米津&あいみょんら“同世代”から刺激 中村倫也のメッセージに苦笑い?

 俳優の菅田将暉が、15日放送のMBS・TBS系トーク番組『サワコの朝』(毎週土曜 前7:30)に出演。デビュー当時からの秘話、米津玄師、あいみょんといった刺激を受ける同世代との交流を語る。



【写真】息ピッタリ!3度目の共演を果たした菅田将暉&小松菜奈



 2009年、菅田は『仮面ライダーW』にシリーズ最年少の16歳で主演に抜てきされ、俳優デビュー。その後、数々の話題作に出演すると、その高い演技力で人々を作品の世界へと引き込み、瞬く間にトップ俳優の階段を駆け上がった。時に、年間9本もの映画に出演するなど、絶大な人気を誇る菅田だが、俳優だけにとどまらず、さらにミュージシャンとしても才能を発揮。昨年はNHK『紅白歌合戦』に出場するなど、マルチな分野で活躍を見せている。



 そんな菅田が「実力もなければ経験もない、普通の高校生だった」とデビュー当時を振り返り「初めての作品が“仮面ライダー”で、お芝居をしたことがなかった。監督に『明日からの君たち次第で、この長い歴史が終わるかもしれません』っていきなり仮面ライダーの歴史を背負わされて…」と切り出すと、同作出身の俳優がその後も活躍できる理由を語る。



 一方で、元々は数学の先生になりたかったという菅田は、勉強が好きだった少年時代のエピソードをはじめ、米津やあいみょんなど、一番刺激を受けるという同世代のアーティストやクリエーターたちとの貴重な出会いについても熱弁。さらに、同じ事務所の先輩・中村倫也からは、菅田も思わず苦笑いのメッセージが寄せられる。
カテゴリ