エロ装備しか扱わない経営難のお店を立て直す -『おとなの防具屋さん』

エロ装備しか扱わない経営難のお店を立て直す -『おとなの防具屋さん』

スライムの群れに追われていたカウツは花畑に逃げ込み、そこにいた女性に助けられた。その女性は立ち去る際に、ゴールドの入った袋を落としていった。


その袋に刻まれていた「おとなの防具屋さん」の文字を頼りに、お店を訪ねるとそこは、倒産寸前のエロい防具を扱うお店。

カウツは、店主のナーデン、落し物の主の女性店員リリエッタと共に、経営難のお店を立て直すために働くことになるのだった。


なぜ経営難なのか、原因を探ってみた。


■エロ装備しか扱っていないから

なので、まともな女性冒険者なら、寄り付きません。

ただの変態店主と、変り者の女性店淫・・・もとい店員がエロ装備を押し付けてくるのですから、当然と言っちゃあ当然かと。


画像引用元:©斐宮ふみ/COMICSMART INC.
■売れれば売れるほど赤字になる値段設定だから

ただひたすらに「全ての女性冒険者にエロ装備を着ていただきたい」ので、何をいくらで売るとか全く念頭にありません。

例え、お店が潰れることになろうとも、エロい恰好の冒険者で埋めつくしたい、世の中を。

お金のことは全く頭にない・・・エロしか考えていないので、新入りのカウツにお金の管理をまかせることに対しても、何の抵抗もないようです。


■値上げは断固反対だから

「安いからと買っていくお客さんもたまにいるからな」

店主は、街でエロ装備して歩いている人を見たことあるのだろうか?

うまく言いくるめて買わせても、お客さんはあとで冷静になり、装備するのをやめるからだといい加減に気づくべきだ。


■魔王が出入りするから

エロ装備しか扱わない経営難のお店を立て直す -『おとなの防具屋さん』画像引用元:©斐宮ふみ/COMICSMART INC.
スライムが出没するような低レベの街の防具屋。

そんな防具屋に、なぜ魔王が来るのか?


それは、店主がかつて魔王から盗み出した天使の羽を取り返すためと、おやつにありつくためと、エロ装備が着たいから。


魔王の攻撃にも「おとなの防具屋さん」の防具は決して破壊されることはない。

なぜなら、18禁シールドで守られているから。

これは冒険者には、いいアピールになるのでは?



(裏面)ではラスボスはかなり意外な登場人物です。


想像つくであろうか?できないだろうな・・・。





TVアニメ『 ダンベル何キロ持てる? 』【あなたはどの子を見ながら筋トレする?】





TVアニメ『モンスター娘のお医者さん』症例2「水路街のマーメイド」【感想コラム】





(あにぶ編集部/百百太郎)
カテゴリ