菅田将暉、中居正広の“心のチャック”下ろした? 濃密トークに手応え

菅田将暉、中居正広の“心のチャック”下ろした? 濃密トークに手応え

 俳優の菅田将暉が、14日放送のTBS系バラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)に出演。今回、『金スマ』初登場となる菅田が、スタジオにパネラー不在のなか、MCの中居正広と2人だけという過去に例のない状況で、濃密トークを展開。菅田の素顔をひもとくと同時に、中居の印象を「のらりくらり感がある」「男がすきな男」と明かす菅田もまた斬り込んだトークをみせる。「中居さんは、自分のチャックは降ろしていないとは言ってたけど、中居さんの今まで聞いたことがない話を聞けた気がします」と手応えをみせた。



【場面カット】素性の知れない男を演じている菅田将暉



 『中居くんと話してみたい』の第1回ゲストとして登場した菅田。予定時間を大幅にオーバーするほど盛り上がりとなった収録では、今までテレビで話したことがないというエピソードが続出した。上京当時の話、本名など菅田のプライベートな話から、俳優としてのターニングポイントとなった作品とその裏側にあった覚悟、芝居への心構え、芸能界の交遊録、歌手業のことまで包み隠さずに語り尽くす。



 収録を終え、「脳みそとろけそう。熱いです。2時間二人芝居した後みたいな。しかも、台本もなくエチュードをした感じというか。本当にたのしかったです…! これほど中居さんとこんながっつりお話しすることもなかったですし、ありがたかったです。話しながら同じ目線に来てくれたり、上に来たり、下に来てくれたり…関節決められまくった感じ。格闘技でしたね(笑)」と充実した時間を振り返る。



 これまでに語られてこなかった話題にも触れ「この業界にいると、オフレコな話ほど、話すと面白いってあると思うんです。今日話したこともいろんな理由があって、本当に普段なら言えないこともあるなか、お互いの関係性があってこそ今日できた話もたくさんあった気がして…そこが良かったなと」と満足げ。



 そして「俺はそんなに深くない」と謙そんする中居も、菅田との会話を楽しみながら、自身のプライベート、そして“あの”退所会見について語る。「てらいがなく、邪気がなく、面白くしないといけない!みたいな気負いもなくテレビで話すことはあまりないですが、 これが面白いと思ってくれる世の中だとうれしいです。今回は本当に初めての企画だったし、お互いに探り探り、出たとこ勝負な感じもまた生々しくて面白いと思います」と見どころを紹介する。



 最後に「もしまた『金スマ』に出演するとしたら?」と聞かれると「またお会いしたら さらに深く話せる気がするし、もう少しリラックスした形で会話してみたいです。でも、しばらくはいいな。お互い喋らなくていいというスタイルならいいかもしれない…いや、やっぱり当分いいですね(笑)」というほどに、さらけ出した1時間に注目だ。
カテゴリ