おうちで観光気分!大洲城下町の名所をめぐる“オンラインまち歩き”公開中

おうちで観光気分!大洲城下町の名所をめぐる“オンラインまち歩き”公開中


文化財などの歴史的建造物やまち並みを、宿泊施設やレストランなどの事業で施設再生する「バリューマネジメント」と、主に大洲市の城下町に広がる古民家の開発を行う「KITA」がコラボレーション!

大洲城下町の名所の数々をVRで体験できる「NIPPONIA HOTEL 大洲城下町 オンラインまち歩き」が公開中だ。

伊予小京都・大洲の城下町をオンラインで観光


「NIPPONIA HOTEL 大洲城下町 オンラインまち歩き」は、新型コロナウイルスの影響で、“帰省や外出が難しい”や“旅行はもう少し落ち着いてから”と考えている人におすすめのVR体験。

肱川や大洲城、少彦名神社や如法寺、おおず赤煉瓦館など、大洲の名所をめぐり、まるでまち歩きをしながら観光を楽しんでいるような気分を自宅で味わうことができる。

宿泊施設内をVRで探検しよう



また、分散型ホテル「NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町」と、日本初木造天守での宿泊が叶う「大洲城」、国の重要文化財「臥龍山荘」については、3Dスキャンできる特殊なカメラで360°撮影を実施。それぞれの施設内を、実際に歩いているような体験ができる。

PCでもスマホでも楽しめる!


同サービスは、パソコンでの閲覧のほか、専用アプリケーションをダウンロードすればスマートフォンでも利用可能。さらにVRゴーグルを装着することで、よりリアルなまち歩き体験が楽しめる。

今後の旅の計画や宿の選定にも役立ちそうな「NIPPONIA HOTEL 大洲城下町 オンラインまち歩き」をぜひチェックしてみて。
カテゴリ