木村昴、ジャイアン役合格も嘆き クラスの反応今イチ「盛り上がらなかった」

木村昴、ジャイアン役合格も嘆き クラスの反応今イチ「盛り上がらなかった」

 『ドラえもん』ジャイアン役などで知られる人気声優の木村昴が、14日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演した。



【写真】ほろ酔い?ダウンタウンにいじられ笑顔の木村昴



 木村は2005年、14歳の若さで国民的アニメ『ドラえもん』の2代目ジャイアン役に抜てきされたが、声優経験がないにもかかわらず、『クラスで人気者になりたい』という理由からオーディションを受けたと説明。当時のことについて木村は「小さい時から目立ちたがり屋で、人気者になりたい欲が強かった。『ドラえもん』と言ったら、みんな知っていますし、オーディションを受けたというだけで『これは、人気者に間違いないな』と思い、受けたんですよ」と明かした。



 無事に合格したが、新キャストの情報解禁まで約2ヶ月の期間があり、合格したことを家族にも言ってはいけなかったという。そのため学校へ行くとクラスメートから「オーディションの結果はどうだった?」と聞かれても、木村は「『まだ、ちょっと(オーディション結果の)連絡が来ていない…』と、濁すしかないんですよ。そして1週間もすると、『あいつ落ちたくさい』『もう聞くのやめようぜ』みたいな空気が流れて…」と苦笑い。



 そんな空気の中で「みんな忘れたころに『(新ジャイアン役)木村昴』っとなって、そんなに盛り上がらなかった…」と伝えると、話を聞いたダウンタウン、ウエンツ瑛士らは驚き。松本人志は「そんなことないよ! 盛り上がるよ!」とフォローしたが、木村は「『あ~、お前か~』みたいな。全然、盛り上がらなくて」と嘆いていた。
カテゴリ