14歳でジャイアン役の木村昴、スキャンダルにおびえた日々 自転車にタバコと酒…「試されてるな」

14歳でジャイアン役の木村昴、スキャンダルにおびえた日々 自転車にタバコと酒…「試されてるな」

 『ドラえもん』ジャイアン役などで知られる人気声優の木村昴が、14日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演した。



【写真】ほろ酔い?ダウンタウンにいじられ笑顔の木村昴



 木村は2005年、14歳の若さで国民的アニメ『ドラえもん』の2代目ジャイアン役に抜てきされたが、声優経験がないにもかかわらず、『クラスで人気者になりたい』という理由からオーディションを受けたと説明。そして、役を引き継いでから、『ドラえもん』のイメージを損なわないよう、プライベートには細心の注意を払ってきたという。



 『ドラえもん』共演者からのタレコミで、スネ夫役・関智一は「僕らも最初に『ドラえもん』のイメージを損なわないようにと言われているんですよ。なので木村君も相当気にしていて、僕、ずっと(15年間)一緒にいるのですが、木村君のプライベートに関してほぼ何も情報がないんですよ。僕らにも『誰とどうなっている』とか、『彼女できたとか、できていないとか』という話を一切してこない」と暴露。



 続けて「前話した時、スキャンダルがすごく怖いと言っていて。ということは、スキャンダルになるようなことがあるんじゃないか?と。なのであいつ今、狙えば何か撮れると思います」とイジっていた。



 しずかちゃん役のかかずゆみからも「女性関係は本当に周りにも言わないんですよね。私たちにすら。なので、隠れて何かやっているのかわからないのですが、結婚していたとか出たらどうしよう! 子どもいたとか、そういうのが出てきたら怖い」とプライベートを周囲に明かさない徹底ぶりを伝えた。



 過剰ともいえる秘密主義について木村は「(合格した時から)『とにかく気を付けてくれ!』と言われているんですよ。『これからの人生、とにかくドラえもん中心に生きてほしい』『特に女性のスキャンダルには気を付けてください』」と理由を説明した。



 さらに当時14歳と未成年だったこともあり、酒やタバコに関わらないよう注意を受けたが「塾に行った際、とめていた自転車のサドルの上にタバコが箱で置いてあって…。『おいおい、これ試されてるな』。帰ろうと思ったら置いてあった」と、スキャンダルになりかねない出来事があったと告白。



 その時、さまざまなことが頭をよぎり「『これ、取った時に写真撮られて、俺がタバコを吸っているように見えるな』と。なので自転車を(足で)バシャーン!としました(蹴りました)。カゴに『鬼ころし』が入っていたこともあって…。それがあってから、誰かに絶対監視されているな」と話すと、ダウンタウンの松本人志は「誰かが、わざと仕組んでるな!」と驚いていた。
カテゴリ