HIROが語る“リアルライブ”への想い 「当たり前のことができないという危機感に直面している」

HIROが語る“リアルライブ”への想い 「当たり前のことができないという危機感に直面している」

 日本を代表するエンタテインメント企業・LDH。2020年は6年に一度の祭典『LDH PERFECT YEAR 2020』として、ライブや舞台、オーディションなど多くの企画が予定されていた。ところがこのコロナ禍でほとんどが中止に。一方で、以前から構想していたサイバーエージェントとの合弁会社『CyberLDH』を設立するなど、デジタル施策を進めている。岐路に立たされたエンタメの現状について、最前線を走り続けてきたEXILEのリーダーにして同社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるHIROが、真摯な想いを明かしてくれた。



【写真】初共演2ショット…HIROを優しくフォローする上戸彩



■「ライブを今、やるべきじゃない」厳しい判断が続く日々



──LDHは、長らくアーティストもスタッフもリモートワークをされてたそうですね。



【HIRO】3~6月までは全社的に自宅勤務でした。今でも引き続きリモートワークを推奨していますが、僕もこれまであんなに長く家にいたことはなかったですから、おかげで子どもとゆっくり過ごせましたね。あとは若い頃に観て感動した映画など、印象に残っている作品を見直したりもしました。今の自分の感覚で観ると当時とはまた違った視点で楽しむことができました。



──自宅時間を満喫されたんですね。たとえばどんな映画を?



【HIRO】たくさん観ましたが、改めて『ゴッドファーザー』はいいなと。マフィア映画だけど、究極的にはファミリーの物語なんですよね。あとは韓国映画など、様々なジャンルをたくさん観ることによって、今後LDHで制作していく作品への創作意欲がさらに増していきました。



──結局は仕事に結びついてしまうんですね。



【HIRO】家でも1日中ほとんど仕事のことを考えていましたね。とくに3~4月は、自分もLDHのメンバーも徹底的に“ウィズ・コロナ”の生活に向けて意識改革をした期間でした。これまで当たり前にやってきたことができなくなるという危機感に直面して、夢の描き方も考え直しましたね。



──2月の東京ドーム公演をいち早く中止にしたのは、今振り返ると非常に早い決断でした。



【HIRO】あの頃は実際に何が起こっているかもわからなかったので、LDH独自に専門家の方々で構成した「LDH新型コロナウイルス感染症対策専門家チーム」を発足し、そこで専門家のみなさんに、たくさんの指摘を明確に言ってもらったことで、苦渋の決断ではありましたが、多くのプロジェクトを中止することへの覚悟が決まりましたね。



──リアルでのライブ興行は難しいということですね。



【HIRO】エンタメ業界は良くも悪くも影響力が計り知れない。どうしてもイメージで語られるところが大きいですから、世の中全体が「今はやるべきじゃない」という雰囲気だったらやるべきじゃないんです。だけどライブが求められるときは必ず来る。そのときに一気に突っ走るために、丁寧に準備をしていこうと意識が切り替わった自粛期間でしたね。



■「LDHらしい躍動感」まったく新しいエンタメを創造する気概で臨んだ



──ライブが中止になった一方で、LDHのデジタル施策は一気に進んだ印象です。



【HIRO】デジタル施策は1年以上前から、サイバーエージェントの藤田(晋)さんにもいろいろ相談させていいただきながら準備を進めてきました。幸か不幸かこんなタイミングで本格始動となったんですけど、LDHの新たなエンタテインメントとして7日間連続で生配信した有料配信ライブ『LIVE×ONLINE』(7月2日より『ABEMA』でライブ配信)も、新しい挑戦ではありましたが、たくさんの方に楽しんでいただけたと思います。今回の反省点なども活かしながら、今後も『LIVE×ONLINE』をLDHのスタンダードとして定着させていきたいですね。



──新しい挑戦となった「LIVE×ONLINE」ですが、どのような点を気にしましたか。



【HIRO】LDHらしい躍動感とスピード感、そして大型ライブで培ってきたカメラワークを駆使した新しいエンタメを創造するという思いで作ってきたので、無観客ライブというよりは、LDH独自のエンタテインメントの形として「LIVE×ONLINE」と名づけました。なかなかライブに行けない子育て中の方や、老若男女幅広い世代の方々にも喜んでいただけたようです。今後、5Gの時代に突入したら、その通信技術をもって、新しいエンタテインメントを映像や演出面でも最高のクオリティでお届けできることにとてもワクワクしているんですよ。



──メンバーのみなさんもパフォーマンスができたことの充実感があったのでは?



【HIRO】それが何よりでしたね。メンバーも自粛期間を経て、6月からは本格的にリハーサルやトレーニングに取り組んでいたので、実際にパフォーマンスができたときはみんな本当にキラキラしていて、そうとう気合いも入っていましたね。自粛期間には、ファンのみなさんだけでなく、アーティストも不安があっただろうけど、それを吹き飛ばしてくれるパフォーマンスをしてくれました。



──アーティストのみなさんは、もちろんライブをやりたいですよね。



【HIRO】そうですね。ですが、当たり前だったことが突然、当たり前ではなくなってしまうこともあるんだと、今回のコロナ禍で痛感しました。では、どうやってLDHのメンバーたちが、次のパフォーマンスまで安心して準備に専念できるか。これを考えるのが、今の僕の仕事なんです。具体的には、さっきもお伝えしたデジタル・バーチャル領域の強化ですね。



──8月1日には、動画配信サービス「CL」もグランドオープンしました。



【HIRO】ここ数年、LDHは、USA、ASIA、EUROPEにも拠点を設け、世界へ向けた取り組みも積極的に行ってきています。それを“自分たち流”というか、他力本願でなく実現させるためにも、プラットフォームが必要だったんです。リアルとバーチャルの世界をエンタメでつなぐ、という構想はかなり前からあって、『HiGH&LOW』や『BATTLE OF TOKYO』などもその一環でした。



──リアルなパフォーマンスと、アニメやコミック、ゲームといった様々なメディアを融合したプロジェクトですね。



【HIRO】日本のカルチャーの中でも、アニメやゲームはとくに世界からリスペクトされています。そこと自分たちの音楽性やスピリッツを掛け合わせることで、世界にリーチできるという学びがありました。2、3年以内には、LDHらしい世界発信の形を確立するべく、デジタル領域のエンタメにはこれまで以上のスピード感で取り組んでいるところです。



■「ここまでやるか」の感染対策と遊び心で挑むリアルライブ



──やはり気になるのは、リアルライブの再開です。



【HIRO】これについては政府の方針も日に日に変わるので、毎日のようにスケジュールの組み立て直しをしています。できれば今年中には、ドームクラスのライブを開催したい気持ちはありますが、いずれにしても一番重要なのは、会場に来てくださるファンのみなさんや、開催地域の方々の安全を第一に、感染防止対策を徹底することだと思います。今は、専門家チームの意見を参考に、感染防止対策をエンタテインメントに組み込んだアイデアを、スタッフと一緒に提案しています。



──たとえばどんなアイデアがありますか?



【HIRO】今までも導入していましたが、人との接触を少しでも避けるために、チケットは完全に電子化します。そして、来場者全員にフェイスシールドやマスクなどの対策グッズを配布して、そこにロゴやステッカーを貼れるなど、自由にカスタムして楽しめるようにして、思い出に残るようなグッズなども考えています。どこまで実現できるかまだわからないけど、感染防止対策については「ここまでやるか」ってくらいやりたいと思っています(笑)。



──感染防止対策はガッチリと、だけど遊び心は忘れない。エンタメ魂ですね。



【HIRO】やっぱり恐る恐るやってるだけでは、エンタメは楽しめないですからね。それに、ファンのみなさんにも協力していただいて、会場だけじゃなくて駅や周辺でも、一般の方に迷惑がかからないように、きちんと距離を取る方法をしっかりと提示します。



──細かなところまで注意が必要です。



【HIRO】LDHでは、今までも「FRIENDLY & CLEAN」というプロジェクトを実施してきました。ライブや舞台を鑑賞する際のルールやマナーを、わかりやすく絵と注意書きでファンのみなさんにお伝えするもので、しっかりと守っていただいています。今回も、新型コロナウイルスバージョンを作成して、呼びかけていきたいと思っています。ほかにも、各自治体とも連携をとって、安全対策は徹底的にぬかりなく取り組んでいきます。



──リアルライブの完全な再開はまだ見えませんが、具体的な準備を知って安心するファンも多いと思います。



【HIRO】コロナ禍で、LDHの結束力は今まで以上に強くなったし、みんなすごく集中して新たなエンタテインメントの届け方を考えています。表に立ちながら、これまで僕がやってきたようなビジネスやプロジェクトを進める裏方の仕事に携わるメンバーも増えていてとても頼もしいですし、そうすることでメンバーたちの将来の可能性もどんどん広がってきているように思います。





──LDHの精神的支柱であるHIROさんがいてこそ、若いメンバーも頑張れると思います。



【HIRO】ともかく、僕が今専念しているのは、デジタル領域の開拓。どんな事態が起こっても、LDH本体が揺らがないように、ですね。それが結果的に、表に立ってパフォーマンスしてくれているメンバーたちが安心して頑張れることにも繋がると思っています。

(文/児玉澄子)
カテゴリ