NMB48吉田朱里、YouTube生配信で卒業発表「24歳となった今日、新しい一歩を」

NMB48吉田朱里、YouTube生配信で卒業発表「24歳となった今日、新しい一歩を」

 10月に結成10周年を迎えるNMB48の1期生で美容系YouTuberの吉田朱里が、24歳の誕生日を迎えた16日、大阪・難波のNMB48劇場で行われた生配信トークショー『アカリンの部屋』でグループからの卒業を発表した。チャンネル登録者数80万人を超す人気YouTuberらしく、自身の公式チャンネルなどでの生配信を通じてファンに伝えた。



【動画】アーカイブ配信中…吉田朱里が卒業発表『アカリンの部屋』



 全メンバーの悩みに答えていった生配信イベントの終盤、発表までのカウントダウンタイマーが出現。視聴者と客席のメンバーが見守るなか「ここでファンの皆さん、そしてメンバーのみんなにお伝えしなきゃいけないことがあります」と切り出すと、「私、吉田朱里は、NMB48を卒業します」と発表。「NMB48は10月で10周年を迎えます。1期生として活動させていただき、私もアイドル10周年、一つの大きな節目でもあるので、卒業発表をしようとずっとずっと決めていました」と胸中を明かした。



 新型コロナウイルスの影響でなかなかファンに会えない中での決断は「すごく、すごく迷いました」と吐露しつつ、「でも、自分がやりたいこととか、この先のお仕事が決まっていくなかで、今ここで決断しないと、きっとずっと後悔したままグループに在籍することになる。こんなに頼もしい後輩がたくさんいるなかで、私がいることでチャンスを奪ってしまうんじゃないかなと思ったので卒業を決断しました」と理由を伝えた。



 NMB48のオーディションを受けたのは14歳のとき。「最初はアイドルというものがわからなくて、自分にはアイドルは向いていない、3年くらい経ったら辞めよう」と思いながら活動していたという。それでも「NMB48での活動は毎日が目まぐるしくて、いつの間にかNMB48というグループに無我夢中になっていて、気づけば10年が経っていました」と時折、涙声になりつつも「NMB48は私の人生において、大切なことをたくさんのことを教えてくれた青春の全てでした」と振り返った。



 今後に関しては「次は“あこがれのアイドル”ではなく、“あこがれの女性”とたくさんの方に言ってもらえるよう、24歳となった今日、新しい一歩を踏み出そうと思います」と宣言。「残された時間を大切に、NMB48のためにできることを最後まで全力で取り組み、NMB48はみんなの夢への第一歩をちゃんと踏み出せる場所なんだということを、後輩メンバーに伝えていければ」と客席の後輩たちにも語りかけた。



 アカリンの愛称で親しまれる吉田は、2010年9月20日、『NMB48オープニングメンバーオーディション』に山本彩、渡辺美優紀らとともに合格。同年10月9日、NMB48の1期生(26人)としてお披露目され、まもなく10周年を迎える。



 同期の山本から「女子力おばけ」と称された美容の知識を活かし、16年2月に個人のYouTube公式チャンネルを開設し美容系YouTuberとしての道を開拓。18年からは女性ファッション誌『Ray』専属モデルを務め、19年4月に自身がプロデュースするアパレルブランド「Amiuu wink」、コスメブランド「B IDOL」を立ち上げた。つやぷるリップは累計販売数150万個突破のヒットとなるなど、女性から絶大な支持を獲得。AKB48選抜総選挙では第9回(17年)16位、第10回(18年)14位と2回連続で選抜入りを果たした。



 新型コロナウイルスの影響により、具体的な卒業時期は調整中。

カテゴリ