人気美容家・神崎恵が地上波ドラマ初主演 “BA”役で共演に志田彩良&吉田朱里

人気美容家・神崎恵が地上波ドラマ初主演 “BA”役で共演に志田彩良&吉田朱里

 人気美容家の神崎恵が、10月7日より放送されるテレビ東京系ドラマパラビ『だから、私はメイクする』(毎週水曜 深夜0:58※10月2日午後9時からParaviにて独占先行配信)で地上波ドラマ初主演を務めることがわかった。主人公であるコスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれを演じ、新米BA・近藤芽生役に女優・志田彩良、その先輩 BA・山本織香役にはNMB48のメンバーで美容YouTuberとしても活動する吉田朱里が起用された。



『だから私はメイクする』原作イラスト



 原作は、シバタヒカリ作のコミック『だから私はメイクする』(祥伝社)。『浪費図鑑』で知られるオタク女性4人組・劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする』(柏書房)を原案とし、『FEEL YOUNG』にて連載され、多くの女性に支持されている話題作。「自分がどうありたいか」と向き合うオムニバス・ストーリー。



 毎話、さまざまな女性の『メイク』にまつわるエピソードが繰り広げられる今作では自分のメイク道を極め続けるうちにあだ名が「マリー・アントワネット」になった女性、職場の男性たちからされる「見た目へのアドバイス」にうんざりしている女性、仕事で多忙な日々を送る中で自分を奮い立たせるためにコスメに大金を投じる女性などが登場。それぞれの「メイクをする理由」を描くことで現代をたくましく生きる女性たち(時に男性も)のさまざまな姿を映し出す人生讃歌となる。



 神崎といえば美容誌を中心に多くの媒体に登場し、イベントやメイク講座、コスメブランドの商品開発、プロデュースなど幅広く活動。プライベートでは3人の子どもを育てるママでもあり、その充実したライフスタイルは多くの女性から支持を得ている。かつては女優としてドラマや映画・グラビアなどで活動していた神崎が“美のカリスマ”として知られる美容家となった今、地上波ドラマ初主演となる。



 熊谷すみれという役柄について「自分ではないけれど、自分のような、不思議な感覚」と共感を抱いたという神埼。初主演という大役には「演じることの前に、共演者やスタッフのみなさんの足手まといにならぬようと思っていました。が、とにかく自分のできることを精一杯ということにつきるな。と。気負いすぎず、普段どうりの気持ちでせりふの一文字一文字を大切にしたいです」と背筋を正す。



 また「メイクの楽しさ、美容のすばらしさを感じていただけたらと。欲張りは言わず、ただそれだけです。たった1本の口紅がくれる自由、たったひとつのファンデーションがくれる自信信。限りなく、可能性しかないメイクという力を楽しんでいただけたらうれしいです」と呼びかける。



 普段からメイクがだいすきだという志田は「職業に就いている役を演じるのは今回が初めてなので、とても新鮮な気持ちです。BAさんのお仕事に関しては分からない事が多く、現場で学ばせていただく事がたくさんあると思うのでそれが楽しみでもあります。熊谷さん、織香さん、先輩お2人の下で楽しみつつ自分自身も芽生と一緒に成長できたらなと思います」と意気込み。



 吉田は「まさかのドラマのオファーにびっくりで、なんのドッキリかと思いました。笑 でも役の山本織香のキャラクターを聞いて、自分に似ているところや、共通点が多くてなるほど!やりたい!と思いました!」と役柄に親近感。「演技の経験はあまりないのでとても不安ですが、自分が美容が好きでそれをお仕事につなげてたくさん感じてきたこともたくさんあるので、ドラマ、役を通してそれを伝えられたらいいなって思います!」と気合十分に語っている。



 実写化を受け、シバタ氏は「漫画家をやる中での遠い夢の1つとしてあった『メディアミックスされたい』という事がこんなに早く叶うとは! とてもうれしいです! ドラマならではの要素もたくさんあるので楽しみにしていただけたらと思います!」とコメント。劇団雌猫は「自分のために、社会のために、何かを探して……。女たちが『メイクする理由(しない理由も!)」が、ドラマを通じてさらに多くの方に伝わるのが楽しみです。私たち4人も、毎週わいわい視聴したいと思います」と期待を寄せている。



 なお、ドラマでは毎話ゲスト主役が登場する予定となっている。
カテゴリ