『弱虫ペダル』興収約2.5億円スタート 原作ファンもお墨付き「実写化叩いたこと、反省します」

『弱虫ペダル』興収約2.5億円スタート 原作ファンもお墨付き「実写化叩いたこと、反省します」

 人気グループ・King & Princeの永瀬廉が主演する映画『弱虫ペダル』(14日公開)が、公開から3日間の累計で約2.5億円を記録したことが17日、発表された。



【写真】白ワンピース姿で『弱虫ペダル』のキックオフイベントに登場した橋本環奈



 16日までの累計で、動員は19万5030人。興収は2億4787万円となり、ティーン層を中心に、幅広い層まで支持が集まっているという。SNSでは「原作ファンとして、映画にどうおさめるのか不安でしたが、とても良かった!」「実写化叩いたこと、反省します。感動できるおススメ映画!」と原作ファンからのお墨付きコメントも寄せられている。



 同作は累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』が原作。2008年に『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)にて連載開始し、現在まで67巻が刊行されている。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなどさまざまなコンテンツでメディアミックスされており、今回が初の実写映画化となる。
カテゴリ