Aぇ! group、“怖い話”に絶叫連発「おるんやなって確信した」

Aぇ! group、“怖い話”に絶叫連発「おるんやなって確信した」

 関西ジャニーズJr.のAぇ! groupが17日放送のカンテレ『なにわからAぇ! 風吹かせます!』(毎週月曜 深0:55※関西ローカル)に出演。今回のテーマは“怖い話くらいでキャーキャー言わんとドーンと受け止めたらんかい!”。夏の風物詩と言えば、“怪談話”ということで正門良規、小島健、福本大晴が、ジャンルの異なる3人の語り手による怖い話を、男気で受け止めるが…あまりの怖さに絶叫連発となる。福本はロケ後「心霊って信じてなかったんですけど、今回のロケでおるんやなって確信したし、ビクッって何回も驚きました」と感想を語った。



Aぇ!groupのテレビ出演歴



 最初に登場したのは、恐怖体験を語らせたら日本一との呼び声が高い“怪談和尚”こと、三木大雲住職。部屋の照明が落とされ「えっ!消すの!?」と、開始早々、ビビりっぱなしの正門。三木住職の口から語られたのは、「赤い乗り物で行くと事故をする」という噂がある、“呪いの峠”にまつわる話。さらに、話の途中で三木住職が発した“とある言葉”に3人とも絶叫。話が終わって安堵する正門はスタッフから「怖がっている視聴者のために、カメラに向かって安心させるひとことを」と無茶ぶりする。



 続く2人目は、心霊写真を収集しているオカルト研究家・吉田悠軌。独特の雰囲気が漂うその風貌に、さっそく怯える3人に心霊写真のデータが入ったタブレットを1台ずつ渡される。するとスタッフから“ある報告”が入り、あまりの恐怖に小島は「ちょっと待って」と苦笑しきり。心霊写真を解説してもらいながら見ていくと、本来なら写っているはずのない姿をとらえた心霊写真の数々に、普段は男気溢れる福本が「うわー!ビックリしたー!」と絶叫を連発。隣の小島は「叫ぶなよ、横で!」とその福本の絶叫にビビって…。



 3人目は、殺人や自殺など、以前住んでいた人に不幸があった物件に住み続け、自身の著書が亀梨和也主演の映画『事故物件 怖い間取り』(8月28日公開)で実写化される“事故物件住みます芸人”松原タニシ。約7年前から計10軒もの事故物件を転々としてきたタニシが、その特徴や実際に住んでいて起こった奇妙な体験談を次々と披露する。



 現場が恐怖に包まれる中、「“霊の声”だと思われる音声がある」と告げられた3人は、用意されたタブレットで音声を聞こうとすると、小島のタブレットに異変が。「もう!イヤや!」と倒れこむ小島。さらにロケ終了後、タニシから小島に追い討ちをかける驚がくの一言がかけられる。



 正門から「一番声出てたもんな!」と指摘された福本は「普通に怖かったです」と正直に告白し、小島から「意外とかわいいところあるんですよ」と茶化される。小島は「心霊を信じてない(福本)大晴がおるってことで、ちょっと安心してたのに!前回の心霊ロケのリチャくん(草間)・まっさん(正門)は、頼りにならんかったから(笑)」とこぼすと、正門は「なんでやねん!俺はええけど、リチャくんは頼りになったやろ?心霊スポットも先頭歩いてくれたり、男気あったやん!」とフォローしていた。



 なお同番組は、放送終了後、無料動画配信サービス『GYAO!』にて、全国独占配信。そのほか、番組連動のオリジナル動画『Aぇ! コスプレ名言塾』も放送終了後から無料配信。今回はAぇ! groupが大富豪のコスプレに挑戦している。
カテゴリ