ViViモデル立花恵理、卒業号で7年間の集大成 ラスト撮影をセルフプロデュース

ViViモデル立花恵理、卒業号で7年間の集大成 ラスト撮影をセルフプロデュース

 女性ファッション誌『ViVi』(講談社)専属モデルの立花恵理(26)が、21日発売の同誌10月号で卒業する。ファンへの恩返しのため、打ち合わせから参加し、ビジュアルやヘアメイクなどラスト撮影をセルフプロデュースした。



【別カット】『ViVi』専属モデルを卒業!ツヤ肌を見せる立花恵理



 ViVi30周年記念専属モデルオーディションで、見事にグランプリを勝ち取り、同誌モデルとなってから7年間。女優としての活動も広げる美女が、ついに卒業する。最後の撮り下ろしは、チャレンジしてみたいビジュアルイメージや女性像を共有し、トレードマークのロングヘアとは対照的なショートヘアのウィッグを取り入れるなど、いままでにない絵作りに挑戦した。撮影中は「そのほうがステキになるなら」と肌をいさぎよく露出する場面も。アグレッシブなポージングなど、モデルとしての成長を感じさせる写真が掲載される。



 インタビューでは、昨日まで普通の女のコだった立花が、突然ViViモデルになったオーディションでの話、ハーフモデルが多いViViの中での自分の立ち位置に悩んだこと、そして、モデルから女優へ進むことへの葛藤など、約3時間にわたって、いままで語ることのなかった話がたっぷり明かされた。



 今年は公開作品を控え、本格的に女優としての道を歩み始める。ViViモデルとしての集大成が見られる誌面となった。



 同号にはそのほか、“亜生軍団”(ミキ・亜生、EXIT・兼近大樹、3時のヒロイン・ゆめっち、フワちゃん)、道重さゆみ、吉木千沙都などが登場。表紙を飾ったのはグローバルボーイズグループ・JO1。
カテゴリ