横浜流星と高杉真宙がバトル? 『私たちはどうかしている』新場面写真が公開

横浜流星と高杉真宙がバトル? 『私たちはどうかしている』新場面写真が公開

 俳優の横浜流星と、女優の浜辺美波がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜 後10:00)第2話(19日放送)の新場面写真が到着。横浜演じる和菓子屋の跡取り息子・椿と、見習い職人の城島(高杉真宙)が対峙するシーンとなっており、なにやら不穏な雰囲気が漂う。浜辺演じる和菓子職人・七桜を含めた3人の関係にも注目だ。



【写真】オフショットでは仲良くWピースする浜辺美波&横浜流星



 今作は漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社刊)で連載中、累計発行部数200万部超の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ氏著、既刊12巻) を実写化。浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも強く惹かれ合うラブミステリーだ。



 第1話では、運命の2人が15年の時を経て再会。七桜は母の無実を証明しようと、正体を隠したまま光月庵に乗り込む。第2話で、古くからの得意先に自ら作った最中を届けることになった七桜が、女将・今日子(観月ありさ)の妨害にも負けず、厨房であんこ作りを試みる。今回のシーン写真は、七桜を心配した城島と七桜が話している時、その2人の間に椿が割って入る。七桜と仲良く話す城島に向かって、椿が放った一言とは…。



 そして第2話からは、七桜と今日子の闘いもぼっ発する。今日子にとって、七桜は突如として目の前に現れ、大事な一人息子・椿の結婚式を破談にした忌むべき存在。目的は何なのか、正体は誰なのかを探りながら、椿の婚約者としてふるまう七桜を、あの手この手で追い出そうと画策する今日子。七桜に次々とピンチが襲い掛かる。
カテゴリ