JO1、ABEMA冠特番で素の一面チラリ 木全翔也「あっすみません」誕生秘話が明らかに?

JO1、ABEMA冠特番で素の一面チラリ 木全翔也「あっすみません」誕生秘話が明らかに?

 テレビ&ビデオエンターテインメントのABEMAにて、11人組グローバルボーイズグループ・JO1の冠特別番組『JO1 祝!2ndシングル特番「JO1 SCHOOL」重大発表SP』が22日午後9時から放送されると18日、発表された。番組終了後に取材に応じたメンバーたちは、番組の見どころを語ってくれた。



【集合ショット】11人でわちゃわちゃ!囲み取材に出席したJO1



 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は、101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって結成。



 26日に発売される2ndシングル「STARGAZER」を記念して放送される番組では、世界の頂点を目指すJO1のメンバーが、「STARGAZER」のコンセプトの1つである「同世代」をテーマに、同じく世界を目指す同世代の輝く“ゲンセキさん”を招き、パフォーマンスと心構えを学んでいく。番組内では、学生服風の衣装で登場したJO1のメンバーが“ゲンセキさん”と共に、「ヒューマンビートボックス」や「フリースタイルフットボール」に挑戦。意外な才能を開花させる。



 與那城は「初の冠特番。バラエティで僕たち11人が主役というのは初めて。右も左もわからなかったですけど(MCの)大先輩が僕たちを引っ張ってくれた。僕たちの可能性も広がったんじゃないかと手応えも感じています!」と笑顔。河野は「僕たちは世界で活躍するという夢がある。その夢を目指していくために、いろんなことに11人がチャレンジして汗もかいて頑張った。そこが見どころです! あとはホンマにみんなの素顔が見られると思います!」と呼びかけた。



 番組は“学生”がテーマ。学生時代の黒歴史を問われた木全は「お母さんと映画館に行ったときに『いぇ~い』みたいな感じで行ったら知らない人やった…。それで『あっ、すみません…』って」と照れながら告白。メンバーは爆笑しながら「その時から(LINEスタンプになった口ぐせの)『あっ、すみません…』ってあったんだ」とツッコミが入り、木全も「確かに」と同調していた



 最後に豆原は「初めての番組なので緊張が見れると思う。楽しく11人で頑張ったので、そのあたりを注目していただけたらと思います」と番組への思いを語ってくれた。



 また、「JO1 SCHOOL体育の時間」のコーナーでは、過酷な罰ゲームをかけ平衡感覚を競う“ぐるぐる椅子”に挑戦した。ここでしか見ることができないメンバーたちの貴重な素顔をたっぷりな内容となっている。さらに、「ABEMAプレミアム」では、「JO1 SCHOOL体育の時間」で行った「足つぼ縄跳び」の模様を番組終了後から限定配信予定となっている。
カテゴリ