気になる彼に、告白してもらう4つの方法

気になる彼に、告白してもらう4つの方法

「せっかくなら彼の方から告白してほしい」そう思っている女性は多いはず。


しかし、ただ告白を待っているだけではもったいないですよね。


彼に告白をしてもらえる確率が高まるいくつかの方法を紹介します。



連絡の頻度を変える


「いつもはすぐ返ってきてた返信とかが、遅くなるとかなり気になる。他にもやりとりしてる人がいるんじゃないか、とか」(29歳/IT)


彼からのメッセージにすぐに返信をしている人は、少し連絡のペースや頻度を変えてみるといいかもしれません。


たとえば、休日にあなたからなかなか返信がなければ、「他の男性と遊んでいるのではないか」など男性は不安に思います。


告白を焦らせる、いいきかっけになるかもしれません。


彼氏がいないことをアピール


「好きな子に彼氏がいるかどうかって、めちゃくちゃ気になるけど自分からはなかなか聞けない。だから、会話から推測したりする(笑)」(28歳/広告)


彼に告白してもらう一番の近道は自信をつけてあげること。自分に興味がない女性になりふり構わずアタックできる男性はほぼいません。


あなたにも好意があるという事実が、彼の自信になり、告白に繋がるのです。


まずはその第一ステップとして「彼氏がいたら、ここのご飯屋さん行ってみたいんだよね」なんて、さり気なくアピールしてみてください。


遠まわしに好意を伝える


「よく話かけてきてくれたり、目が合ったりするとちょっと気になりますよね(笑)男って単純だから(笑)」(24歳/アパレル)


会ったら必ず自分から話しかける、意図的に目線をしっかり合わせる、これなら女性からでも割とすぐに実践できるのではないでしょうか。


心理学的にも、人は接触する回数が増えれば増えるほど相手に好意を抱きやすくなるといいます。


まずは短い会話でもいいので、とにかく内容よりも回数を意識してみるといいかもしれません。


告白しやすい雰囲気を作ってあげる


「自分が奥手なタイプなんですけど、今の彼女と付き合う前、夜景を見に行きたいって言われて…それがいいきっかけになって、思い切って告白しました」(30歳/通信)


気になる彼と気軽に2人で出かけられる関係まで進んでいたら、次は雰囲気作りです。


例えば、イルミネーションを一緒に見に行ったり、景色の綺麗なレストランに連れて行ってもらってみてください。


こちらからきっかけを作ることで、慎重な彼に自信をつけてあげましょう。


おわりに


彼は自分と付き合うつもりはあるのか?モヤモヤしている女性も多いかもしれません。


彼の方も実はあなたの気持ちを探っている場合があります。


しっかり彼から告白してもらうためにも、まずはあなたからきっかけを作ってあげてみてはいかがでしょうか。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ