『魔術士オーフェン』第2期、来年1月放送開始 PV解禁でメッチェン役は鬼頭明里

『魔術士オーフェン』第2期、来年1月放送開始 PV解禁でメッチェン役は鬼頭明里

 テレビアニメ『魔術士オーフェン』の第2期『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』が、2021年1月から放送されることが決定した。あわせてティザービジュアルとPVも解禁された。また、鬼頭明里が盗賊団の女剣士・メッチェン役を担当することが発表された。



【動画】「我掲げるは降魔の剣」オーフェンの迫力バトル!解禁されたPV



 ティザービジュアルは、瓦礫の中にオーフェン、クリーオウ、マジク3人のほか、新キャラクターのメッチェンの姿が。ティザーPVは、最強の魔術士オーフェンが詠唱する「我掲げるは降魔の剣」や、メッチェン、謎の巨大人形との戦いから始まる姿、そして、「何でまた、俺を面倒に巻き込むのは女なんだよぉ」とオーフェンの心からの言葉が漏れるシーンを見ることができる。



 オーフェン役の森久保祥太郎は「また会えたな~!! オーフェン達にも、そして作品ファンの皆さんにも。今シリーズ、オーフェンにとって苦悩の旅になりそうです。さらに、オーフェン達が立ち向かっているものが一体何なのか明らかになっていきます。僕らも、新たに参加するキャスト達も存分にオーフェンの世界を生きていますので、ぜひ楽しみにしていてください」とアピール。



 メッチェン役の鬼頭は「メッチェンは戦闘技術も高く、一見クールで勇ましい印象ですが、仲間思いで優しい性格の女性です。そんな彼女がオーフェンたちと出会い、どう関わっていくのか、楽しみにぜひ最後まで見届けていただけたら幸いです!」と呼びかけた。



 『魔術士オーフェン』は、1994年から2003年にかけて『はぐれ旅』20巻、『無謀編』13巻の計33冊が発売され累計1400万部を突破している人気ライトノベルが原作。2度のアニメ化をはじめ、CD、ゲーム、コミカライズなどさまざまなメディアミックス展開がされてきた。



 アニメ化されるのは4部構成からなる『はぐれ旅』で、非合法の金貸しを営む魔術士・オーフェンが、魔物の姿になってしまった天才魔術士・アザリーをつかまえて元に戻すため、仲間とともに旅をするファンタジー。シリーズ生誕25周年を記念した完全新作テレビアニメとして、第1期が今年1月から4月にかけて放送されており、『キムラック編』は第2期となる。

カテゴリ