TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第4話「ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。」【感想コラム】

TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第4話「ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。」【感想コラム】

プロムのPVは、SNSでバズった。

しかし、いろはから「ちょっとまずいことになりました!」と慌てていた。


プロム開催に思いもよらない逆風が…、八幡の答えに結衣は思いを馳せる。


■TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第4話あらすじ

結衣と八幡は小町の合格祝いを選ぶに買い物へ。2人の話題は、子供頃に抱いた夢だった。


翌日、学校に「雪乃の母」と陽乃が訪れ、こう切り出した「フロムは中止すべき」だと。


当然、納得のいかない雪乃達…。八幡は何かできる事が無いかと考えていたのだが…


■結衣と八幡 2人だけの時間

画像引用元:©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完
「何度かデザインは変わってるんだけど、今のがポップさではダントツなんだよ」


MAXコーヒー柄の自販機を見つけ、テンションが上がる八幡と結衣は記念写真を撮り。


プレゼントを選びながら進路の話へ。ふと結衣はこんな質問を投げかけます。


「ヒッキー大学入ったら、一人暮らしとかしないの?」


「大学と学部によっては」と八幡。結衣は八幡を隣に座らせると小さい頃の夢は?聞くと…


八幡は石油王やアイドルと答え、「お花屋さんとかケーキ屋さんとかアイドルとか」話す


結衣。でも最後に…「あと…お嫁さんとかね」と八幡を見つめるのでした。


■理屈では動かない相手

「プロムについてだけれど…中止するべきだって意見が上がっているわ」


雪乃の母は高校生らしくない、お父さんとお付き合いのある方にお願いされたらと切り出し


いろはも「私達も未来の卒業生です!」強く反発するが、八幡は冷静に状況を見つめていた


「相手を追い込んでいくカウンタースタイル。この人は理詰めで戦ってはいけない人なのだ」


平塚先生に学校側の対応を求め、継続協議という形で落ち着く。雪乃に助けようとする八幡だったが…


「私がやるべきことなの」「雪乃ちゃん自身の力でやればだけどね」


いつも手を貸すのが正しいとは限らないと、雪乃からも陽乃からも釘を刺されてしまう。


姉として、雪乃を追い詰めるような言い方をする陽乃に、雪乃は優しく微笑みかける


「分かっているから…」


TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第4話「ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。」【感想コラム】画像引用元:©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完
■八幡の心の声を言葉に

八幡と結衣だけの帰り道。プロムが中止になると知り、八幡はすぐ平塚先生に連絡。


雪乃は八幡に伝えないで…と口止めされた言う平塚。それを聞いて黙り込む八幡…


「ちゃんと考えて手順を踏んで間違えないように。ちゃんと…先生だってそうでしょ…」


「比企谷ごめんね…それでも私はずっと待つよ。だから言葉にしてくれ。」


”いつか助けるって約束したから”


八幡はそう答えると学校へ走っていった…。でも、結衣は涙を見せないように泣き崩れる。


”行かないでって言えなかった。何で助けるのって聞けなかった。もう優しくしないでって言いたくなかった”


”今もずっと涙が止まらない、涙が止まらなければよかった”


TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第4話「ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。」【感想コラム】画像引用元:©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完
■これが”本物”の答えなのか。もっとわがまま言っても良かったよ…

TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第4話「ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。」【感想コラム】画像引用元:©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完
結衣が涙を堪えて、ヒッキ―が助けようとするから…最後は隠れて泣き崩れる。

2人の為に身を引くみたいに、強がって自己完結しちゃうのは切なすぎますね。


しかも、雪乃も助けようとするからって、プロム中止を伝えようとしなかった。

結衣も雪乃も八幡の事をよく理解してるんですよね。

それだけに、結衣がもしわかままを言っていたら、そう思えてしまうのが余計につらい…


陽乃は相変わらず、いじわるな姉ですね。

でも…このままでは、一人では何もできない雪乃になってしまうから…

これが彼女なりの協力なのでしょう。


八幡や結衣は寄り添う優しさ、陽乃は突き放す優しさ。やり方は違えど、目的は同じ。


奉仕部3人の関係を「共依存」と言った時は、そこまで揺さぶるのか…怖いなってゾクッとしました。

「何かを諦めて大人になっていく」陽乃自身から感じる物悲しい雰囲気が、彼女の複雑な心境を覗かせますね。


約束を守るため、プロム開催に手を貸すと決めた八幡。雪乃の母を納得させることはできるのか?


最後に一言だけ…

したたかな雪乃の母が一番怖い。結衣がどんな顔をして、2人と向き合っていくのか心配


文章:あそしえいつYH


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 アニメ情報





(あにぶ編集部/あそしえいつ)
カテゴリ