“ラジオの学校”『SCHOOL OF LOCK!』さかた校長&こもり教頭がオンライン学校訪問

“ラジオの学校”『SCHOOL OF LOCK!』さかた校長&こもり教頭がオンライン学校訪問

 TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネットで放送中の“ラジオの中のもう一つの学校”をコンセプトとした10代向けワイド番組『SCHOOL OF LOCK!』(以下『SOL』 月~金 後10:00)。同番組では今回、鳥取県と共同で「SCHOOL OF LOCK! 地域みらい留学プロジェクト オンライン学校訪問 鳥取編」をスタートさせた。



【写真】『SCHOOL OF LOCK!』さかた校長&こもり教頭が、ラジオブースで流しそうめん堪能



 同プロジェクトに参加したのは、地域みらい留学に参画している鳥取県の鳥取県立青谷高校、倉吉農業高校、日野高校の3校。本来であれば、現地に訪問して動画制作をするはずが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、『SOL』パーソナリティーのさかた校長(サンシャインの坂田光)・こもり教頭(GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼)と、学校にいる在校生とがオンラインでコミュニケーションしながら学校紹介動画を制作した。



 それぞれの学校の魅力を伝える動画が公開(https://www.tfm.co.jp/lock/2020/tottori/)。

今後は、今月31日から9月24日の期間(月~木 後11:32頃)で、3校の在校生と同局CM制作ルームとが共同して制作した学校PRのためのラジオCMを『SOL』内で全国に向けてオンエアしていく。



 同プロジェクトでは、生徒自身が実感した魅力を語り、特色ある学校紹介をすることで、10代が自分に合った進学先=“みらい”の選択肢を増やしていくことを狙いとしている。
カテゴリ