「ジュラシック・ワールド」最新作、日本語吹替版声優に佐藤元、内田真礼、増田俊樹らが決定

「ジュラシック・ワールド」最新作、日本語吹替版声優に佐藤元、内田真礼、増田俊樹らが決定

 Netflixで、9月18日より独占配信されるNetflix オリジナルシリーズ『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』の日本語吹替版声優に、佐藤元、内田真礼、増田俊樹が決定。意気込みコメントが到着した。



【写真】『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』キービジュアル



 同作は、スティーブン・スピルバーグらが手がけてきた「ジュラシック・パーク」「ジュラシック・ワールド」シリーズの最新作となるアニメーション作品。スピルバーグや実写版クリエイターたちが製作総指揮として参加し、恐竜たちの世界をスリルと興奮のアニメーションで新たに表現する。



 『サバイバル・キャンプ』は、映画『ジュラシック・ワールド』(2015年)と同じ時間軸を舞台に描かれる物語。「ジュラシック・パーク」、そして「ジュラシック・ワールド」シリーズの舞台となったイスラ・ヌブラル島にあるキャンプ場“サバイバル・キャンプ”を訪れたダリウス(佐藤)、ブルックリン(内田)、ケンジ(増田)ら6人のイマドキ少年少女たち。ひと夏の冒険として安全に楽しい恐竜たちの世界を体験するはずが一転、思いもよらないトラブル発生により島に取り残され孤立状態になってしまう。外界との連絡手段も閉ざされた中、ついに野放しとなった危険な恐竜たちが、次々と彼らに襲いかかる!



 ほかに、サミー役に水瀬郁、ベン役に望海将太郎、ヤズ役に河合ゆめの、ロキシー役に山根舞、デイヴ役に中谷一博らの参加も決定している。



 本作で、頭脳明晰な恐竜マニアだがシャイな少年ダリウスを演じる佐藤は「歴史ある作品に出演できるとは夢にも思いもしなかったので光栄です。自分の持ち得る力を全て使って頑張りたいなと心から思いました」と、誰もが知るシリーズに参加することへの決意を打ち明ける。



 SNSで有名インフルエンサーでもある少女ブルックリン役を演じる内田は「恐竜たちの登場する、このアニメーションの世界に参加できたことがうれしいです。オーディションを受けた時からずっとドキドキワクワクしていました。あの音楽を聞いただけでテンションが上がってしまいますよね」と、本作参加への喜びを打ち明けた。



 裕福な育ちでありながら、向こう見ずな自称ボスキャラのケンジ役を演じる増田俊は「日本のみならず、世界中で知られる大作ということで、自分が役者としてどれだけのことができるのかなと緊張しました」と、歴史あるシリーズの重みを感じつつも、本作に挑む熱い思いを語っている。



 本作の見どころについて、内田は「大人が観ると、子どもの頃を思い出すと思います。自分の中にある子どもの心で観るとより楽しめる作品だと思います」と語り、増田も「ファンの方でも初心者の方でも観ることができる作品です。大人も楽しめますし、子どもたちは恐竜の怖さや尊さなどを知ることができて、主人公たちが成長する過程も味わえると思います」と語り、幅広い層の人々が楽しめる作品であることを解説。佐藤は「アニメになったことでより親しみやすく、恐竜の描写は繊細でリアリティがあって、本当にいるんじゃないか思うほどのクオリティです。子どもたちの成長物語でもあるので、どういう風に恐竜と立ち向かっていくのかというドラマも楽しんでほしいです」と本作のドラマ要素の魅力を語っている。
カテゴリ