あえて邪道で攻める!「気になる男子の落とし方」3つ

あえて邪道で攻める!「気になる男子の落とし方」3つ

気になる男性と交際したいけれど、ライバルも多いしなかなか振り向いてもらえなそう……。


彼のことは好きでも、もう諦めたほうがいいのかなと悩むこともありますよね。


でも今までとは少し角度を変えた「邪道な攻め方」が、案外男性の心に響いたりするものです。


ではどんな方法がアプローチに効果的なのでしょうか。



無理にLINEを続けない


「今まで頻繁にLINEをしていたんだけれど、ちょっと面倒になってきちゃったんだよね。

それを俺の返信から悟ったのか、彼女のほうから『今日はもう寝ますね』と切り上げてくれたんです。


察する力に驚いたし、逆に俺のほうが寂しくなっちゃって……。

逃げられると追いかけたくなるってこういうことなんだな』って思った」(26歳/広告)


「手に入りそうで入らない」となると、男性も燃えるようです。


返信が適当になった、レスポンスが遅いなど、LINEのやり取りで彼の変化を感じた際は、一度身を引くのも方法。


「このままじゃ○○ちゃんが離れていっちゃうかも!」と焦った彼が、あなたを引き留めてくれるかもしれません。


たとえ安くても、相手に合ったプレゼントを渡す


「LINEで何気なく『最近仕事で疲れぎみなんだよね』と話したところ、次のデートでアイマスクやアロマ類をプレゼントしてくれた。

申し訳なさそうに『○○さんに合うかわからないのですが……』と言われたけれど、その気持ちが嬉しかったです」(27歳/商社)


自分の言ったことを覚えていてくれるのは嬉しいもの。


とくに疲労や体調不良のとき、「お大事にしてください」とか「もっと休んだほうがいいですよ!」と声をかけられることはあっても、こうやってケアグッズをプレゼントしてくれる女性はあまりいないでしょう。


疲れた心と体に染みわたるし、「他の子とはちょっと違うな」とドキッとするはず。


値段は関係ないので、ぜひ彼のことを考えて選んだプチプレゼントを渡してみてはいかがでしょうか。


地味でもいいので、女性から率先してデートプランを立てる


「基本的に男がデート場所を決めるのが流れだと思うけれど、とある子が『いいカフェ知っているんで行きませんか?』と誘ってくれた。すごく新鮮だったし、実際に店に行くことでその子の好みがわかってよかったです」(31歳/コンサル)


多少あなたの好みに偏ってもいいので、勇気を出してデートプランを立ててみましょう。


そうすることで「○○ちゃんってこういうのが好きなんだ!」と会話が広がりやすくなります。


また家事や掃除をして変に尽くすよりも、交互にプランを立てたほうが、彼と対等な立場を作ることができるはず。


「行きたい場所がある=自分の意志がある」とも捉えられます。そのため「都合の良い女」になることも避けられますよ。


おわりに


彼に合わせるだけじゃなく、ほんの少し自発的に動いてみるのがポイント。


それだけで「他の子とは違うな」と一目置かれるので、彼を落とせる確率もアップするかもしれません。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ