スカパラ×土屋太鳳、氣志團×LiSAも…SMA所属87人が配信イベントで競演

スカパラ×土屋太鳳、氣志團×LiSAも…SMA所属87人が配信イベントで競演

 ミュージシャン、俳優・女優、声優、お笑い芸人など幅広く所属する芸能事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ」(SMA)のライブ配信イベント『ズームイン!!SMA!』が20日に行われ、奥田民生、東京スカパラダイスオーケストラ、氣志團、LiSA、土屋太鳳ら総勢58組87人が趣向を凝らした演出や異色のコラボレーションで魅了した。



【写真】LiSAはヤンキー風セーラー服で氣志團と スペシャルコラボ続々



 イベントのプロデューサー、氣志團の綾小路翔の「今しかできないこと、今じゃなければできないことがしたい」との強い思いに呼応した87人の出演者によるスペシャルコンテンツの数々は、イベント名の由来でもある『ズームイン!!朝!』(1979年~2001年)の初代司会でSMA顧問でもある徳光和夫による「ズームイン!!」のかけ声で幕を開けた。



 「スペシャル企画」では、このイベントのために制作された新曲「Shine!」を初披露。4月下旬、役者チームから「今だからこそできること」として、「音楽・曲で元気を届けることはできないか?」との声が上がり、土屋太鳳が作詞を手がけることに。綾小路に作曲を打診し、オリジナル曲「Shine!」が完成した。



 氣志團が演奏し、松本妃代(Kiyo Matsumoto)が曲から着想を得て描き下ろした絵画がインサートされるなか、綾小路、土屋、松本、アキラ100%、石黒賢、伊波杏樹、内田恭子、久保田紗友、ジョン・カビラ、高田里穂、武田梨奈、森田望智、森永悠希、山崎あみ、矢本悠馬、渡辺大知が歌いつないでいった。



 続いては、注目のネクストジェネレーション3人が登場。miletは「inside you」、iriは「Wonderland」、崎山蒼志は「五月雨」を歌い、それぞれ個性豊かなアクトで次世代の可能性を見せつけた。その空気を一変するように、ハリウッドザコシショウが登場。このギャップこそが本イベントの真骨頂であり、SMAらしいところ。奇才・異才ぶりを体現したネタの連投でスパイスを効かせた。



 「スペシャルコラボレーション」パートは、Rei×DJみそしるとMCごはんによる「POTATO×The Gang Eat More」と、チャラン・ポ・ランタン×宮本笑里による「空が晴れたら」でスタート。



 艶やかで涼やかな魅力を振りまいたのは、野宮真貴×松本孝美×渡辺満里奈による「東京は夜の七時(盆踊りVersion)」。コロナ禍でなかなか行うことができない夏の風物詩を浴衣姿で届けた。一転してROLLY×ミッツ・マングローブ×りかりこによるCOMPLEXの「BE MY BABY」では、それぞれの個性をぶつけ合ったロックンロールショーを披露した。



 斎藤有太×足立佳奈が「ひとりよがり」でさわやかな夏を届ければ、THEイナズマ戦隊×渡辺大知は「合言葉 ~シャララ~」で熱いメッセージを届ける。川畑要(CHEMISTRY)×渡辺シュンスケは「Sweet pain」で圧巻のコラボ。Base Ball Bear×フルカワユタカ×蒼山幸子はDOPING PANDAの「Hi-Fi」を完全リモートでセッション。真心ブラザーズ×土岐麻子は真夏の名曲「サマーヌード」を披露し、一服の清涼感をもたらした。



 アキラ100%とAMEMIYAは立て続けにネタを披露。きわどい芸風ながらもさわやかさすら感じさせるアキラ100%と、哀愁に満ちた歌声で叙情豊かに展開するAMEMIYAの連投は、コントラストの妙を感じさせた。



 堂島孝平が自身の「6AM」を披露すると、今度は異色コラボレーションへ。氣志團×伊波杏樹による横浜銀蝿「ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)」では、伊波が綾小路から借りたという学ランをまとい、艶やかなツッパリぶりで氣志團と競演した。



 PUFFY×SPARKS GO GOのコラボでは、お互いの持ち歌「サーキットの娘」と「ルーシーはムーンフェイス」を立て続けに披露、盟友ならではのシンクロ率の高さで魅せた。



 OKAMOTO’Sが「ROCKEY」、サンボマスターが「忘れないで 忘れないで」で盛り上げると、クライマックスに突入し、奥田民生×フジファブリックのスペシャルコラボレーションへ。配信イベントならではのアイデアにあふれた映像の演出を用いた、「愛のために」(奥田民生)と「光あれ」(フジファブリック)の2曲は圧巻だった。



 東京スカパラダイスオーケストラ×土屋太鳳は「美しく燃える森」を披露。土屋が音楽のフィールドにおいても優れた表現者であることを、スカパラが見事に引き出した。



 最後のスペシャルコラボレーションは氣志團×LiSAによる「One Night Carnival」。まさに、カーニバル=祭りそのものな、圧巻の共演で視聴者を興奮させ、グランドフィナーレへ。ラストは出演者全員で奥田民生の「さすらい」を大合唱した。応援出演も含め72組103人の参加者が画面上を埋め尽くし、分厚い歌声で感動を呼び、大団円を迎えた。



 このイベントは、「Stagecrowd」「Streaming+」で23日午後11時59分まで見逃し配信中。
カテゴリ