なかなか心を開いてくれない男子へのアプローチ法

なかなか心を開いてくれない男子へのアプローチ法

好きになった人のことはたくさん知りたいと思うのが女心。ですが、近づこうとしても壁を作って、全く心を開いてくれない男子もいますよね。


そんな男子とお近づきになりたい場合、どうすれば良いのでしょうか?


今回は、なかなか心を開いてくれない男子への効果的なアプローチ法をご紹介します。



質問できっかけを見つける


「私の場合は、とにかく色々な質問を投げかけることで、話のきっかけを掴むようにしています。その人にとって話しやすいことと話にくいことがあるだろうから、趣味や仕事、恋愛とかジャンルにふり幅を持つようにして。そうすると、相手が多少話してくれる分野がわかるので、そうしたら話を聞くようにします」(36歳/化粧品)


会話の糸口がつかめないときには、数多くの質問を投げかけるのが良さそうです。普段は寡黙でも、趣味の話になると饒舌になる男子もいますよね。


もし相手が自分から話をしたそうな雰囲気を出してきたら、すかさず聞き役に回ることも忘れずに。


自分の話をする


「人に心を開いてほしい時には、まず自分の話をしますね。人って鏡みたいなところがあって、自分が心を開かないと、相手も身構えてしまうと思うんです。だから、相手が話してくれなくても、自分の打ち明け話をするのは効果的です。ただあまり重たい話は引かれてしまうので気を付けて」(36歳/自営)


心理学のテクニックにも、自分の秘密を打ち明けたり、自分自身のことを話したりすることで、相手に心を開いてもらうというものがあります。


また人は相手から何かしてもらうと、自分からも何かしなければならないという気持ちになるものです。この観点からも、まずは自分がたくさん話をするのは効果がありそうです。


まずはLINEで


「直接会って話そうとすると全然話をしてくれない相手でも、LINEだと話してくれるってことがあると思います。だから、直接が無理ならLINEから始めますね。LINEも相手のペースに合わせて送る回数や一文の長さを調整します。そうやって少しずつ距離を縮めていきます」(36歳/IT)


シャイな男子なら、目の前に女子がいるだけで無口になって、壁を作ってしまうこともあり得ます。そんなときに便利なのがLINEですよね。


LINEに返事をしてくれる相手なら、しばらくはLINEの会話だけでアプローチするのもありでしょう。相手の話しやすい会話を振って、相手と同じテンションで会話するのがポイントですよ。


おわりに


もっと心の距離を縮めたいのに、相手が心を閉ざしていると、悲しい気持ちになってしまいますよね。でも、そこで諦めては絶対に恋愛は始まりません。


心を開いてくれない相手だからこそ、自分から様子を見ながら押していく必要がありますよ。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ