ニッポン放送、平日の昼に新風 ナイツ&中川家の“話芸”堪能できる2時間半の新番組

ニッポン放送、平日の昼に新風 ナイツ&中川家の“話芸”堪能できる2時間半の新番組

 ニッポン放送の昼が大きく変わる。『DAYS』(月~水)と『大橋未歩 金曜ブラボー』(金)が放送されている午後1時からの時間帯に、月曜から木曜はナイツがパーソナリティーを務める『ナイツ ザ・ラジオショー』(後1:00~3:30)、金曜は中川家がパーソナリティーを務める『中川家 ザ・ラジオショー』(後1:00~3:30)がスタート。番組を貫く大きなテーマは「笑い」で、平日の昼に新たな風を吹き込む。



【画像】ナイツ&中川家の新番組ロゴ



 今回、笑いをテーマにした新番組をスタートするにあたり、同局が現在のお笑い界にとっても重鎮である2組に新番組をオファー。番組では、午後1時冒頭から30分程度、芸人ならではのフリート―クを想定しているほか、リスナー投稿型の「ネタコーナー」なども用意し、深夜放送リスナーやお笑いリスナーが楽しめるような仕掛けも企画している。



 ナイツが担当する月~木曜は、曜日別の女性芸人パートナーも登場。月曜から平野ノラ、相席スタートの山崎ケイ、メイプル超合金の安藤なつ、ハリセンボンの箕輪はるかが担当する。曜日ごとのパートナーに沿った企画も展開し、ナイツと各パートナーとの掛合いも届けていく。ナイツは、木曜の『ビバリー昼ズ』も引き続き担当することになり、ニッポン放送だけで毎週11時間半の生放送ラジオ番組を行う計算となる。中川家のパートナーは、『DAYS』から引き続き同局の東島衣里アナが担当する。



 今回の発表を受けて、中川家の剛が「『ザ・ラジオショー』の雰囲気は、以前担当していた『オールナイトニッポン(ANN)Premium』(2018年10月~19年3月 毎週火曜 後6:00)に近くなる気がしているので、昼過ぎに通用するか不安ですが、今回は“笑い”にこだわった番組ということで、今まで以上に僕たちの番組を聴いてくれる人が増えればいいなと思います」とコメント。『ANN Premium』を午後6時から放送するにあたって、2018年に同局コンテンツプロデュースルーム所属のプロデューサー・冨山雄一氏にインタビューを行った際、こういったコメントを寄せていた。



 「深夜1時からの『ANN』の岡村隆史さん、オードリーさん、三四郎さんなどを聴いていると、やっぱり芸人さんって何でも面白くネタにできるなということはすごく感じてました。オードリーさんは、1時からオープニングトークを48分間ずっとしゃべることもあって、そこから2時台にも2人がそれぞれフリートークをやって、そのしゃべりに対する熱量は本当にすごいなと。それって、他局でも伊集院光さんの(TBSラジオ)『深夜の馬鹿力』をはじめとする『JUNK』などにも通じるのですが、芸人さんがある程度の尺でしっかりしゃべるってものすごいパワーがある。それを『Premium』に落とし込めたらなという思いはありました」



 その上で、芸人たちの話芸をリスナーに堪能してもらうため、次のような試みを行いたいとの考えを語った。「ニッポン放送の従来の番組フォーマットでいうと3分間で1テーマというか、3分をひとつのユニットと考えて、話題が変わったり曲が流れたりすることが多く、流れをわりと小刻みに作っている傾向です。そうした中で今回の『Premium』に関しては、番組が始まってから25分くらいまでは流れをかえずに長尺で好きなことをしゃべってくださいということを意識的にやっています。それを僕は勝手に『オードリー方式』と呼ばせてもらっています(笑)。7時台、8時台に関しても同様に20分くらいまでしっかりとしゃべっていただくような構成にしています」。



 こうした言葉を踏まえて、剛の意気込みコメントと現在出ている『ザ・ラジオショー』の情報と照らし合わせると、東西きっての漫才コンビ2組の話芸を楽しめる内容となりそうだ。裏番組には、“ドラマチックプログラム”『たまむすび/金曜たまむすび』(TBSラジオ)、日々のニュースを硬軟織り交ぜて取り扱う『大竹まことゴールデンラジオ!』(文化放送)などが控えているが、この秋からはリスナーの耳も忙しくなりそうだ。
カテゴリ