松村邦洋、貴乃花とラジオ生トーク あいみょん&『半沢直樹』の魅力を語り合う

松村邦洋、貴乃花とラジオ生トーク あいみょん&『半沢直樹』の魅力を語り合う

 タレントの松村邦洋、元貴乃花親方の貴乃花光司が、25日深夜放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』(月~木 深1:00~)に生出演。貴乃花のものまねを得意とし、親交も深い松村が、相撲、音楽、ドラマなど、多彩なテーマでトークを繰り広げた。



【写真】今月末の『タイタンライブ』で爆笑問題とスペシャルトークを行う松村邦洋



 松村が「ものまねも、ずいぶんとさせていただきまして。じっくりお話するのはうれしいです」と思いを伝えると、貴乃花も「ありがとうございます。こちらこそお世話になって…」と感謝。貴乃花は、入門から横綱になるまでの道のりを「下積みという勉強をさせてもらいまして、それが今、すごく身について、感謝していましたけど、厳しかったですね」と振り返った。



 松村が「だんだん貴乃花さんが強くなっていく過程があって。横綱になっても、休まず鉄アレイを持って、次の準備をしていましたよね」とかみしめるように話すと、貴乃花は「毎日やることを決めていまして、土俵にいても、動かないと、その練習が終わらないもので…」と明るいトーンで回顧。「恵まれた環境で育つことができましたので、とにかく一生懸命打ち込むことを教わったんだと思います」と言葉に力を込めた。



 松村が「これを聞くと元気が出る曲」として、あいみょんの「生きていたんだよな」をリクエスト。同曲が流れると、松村が「あいみょんの歌がいいんですよ。生き続けるのがいいんだって。これ聞いて、朝散歩していますよ。あいみょんいいなー」と賛辞を送ると、貴乃花も「情熱的な歌ですね」と続けた。



 貴乃花が最近見ているドラマの話題では、1998年放送の『GTO』、2012年放送の『リッチマン、プアウーマン』、現在放送中の『半沢直樹』を見ていることが判明。松村が、『半沢直樹』主演の堺雅人のものまねを披露すると、貴乃花は「あれ、気持ちいいですよね。ドラマのストーリーというのは、現実社会と離れているようで、離れていないなところが面白いですよね。香川照之さんとか、出ている方の演技が上手ですよね。主役の方の目つきの鋭さ、なんかワクワクさせてくれるような…」と魅力を力説していた。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ