JO1、2ndシングル「STARGAZER」の魅力熱弁 アクション挑戦「めちゃくちゃ気持ち入れた」

JO1、2ndシングル「STARGAZER」の魅力熱弁 アクション挑戦「めちゃくちゃ気持ち入れた」

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1の2ndシングル「STARGAZER」が26日、発売となった。22日にテレビ&ビデオエンターテインメントのABEMAで配信された冠特別番組『JO1 祝!2ndシングル特番「JO1 SCHOOL」重大発表SP』の収録後に取材に応じたJO1は「STARGAZER」について語ってくれた。



【動画】”ジャケットダンス”を披露!JO1新曲「OH-EH-OH」MV(FULL Ver.)



 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は、101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって結成。きょう26日の午前0時には表題曲「OH-EH-OH」ミュージックビデオ(FULL Ver.)も解禁となり、トレンド入りするなど大きな話題を呼んでいる。



 聞きどころについて川尻は「どの曲もいい曲ですけど、リード曲の『OH-EH-OH』は自信を持って出せるメッセージ性のこもったいい曲になっています」と笑顔でアピールした。金城は「今回のコンセプトは学生。若い子は悩みや苦難がたくさんあると思う。大人とかにいろいろ言われて壁を作ることもあると思うけど、僕が言いたいのは失敗を恐れないで、ということ。失敗しても、その後につなげられるようになった方がいい。僕たちは『無限大』のときに、いろんな人に可能性は無限大ということを伝えた。その気持ちを持ちつつ、今回は光が待っているから、諦めずに一緒に走り続けましょう」と熱くメッセージ。その完璧なコメントに与那城は思わず「台本あった? もらってないけど」と驚いていた。



 「OH-EH-OH」のMV FULL Ver.は、JO1のメンバーが初めて演技に挑戦したストーリー仕立ての内容に。2ndシングルのコンセプトでもある「未来への夢と期待、そして悩みと恐れが混在する不安定な時期、10代」の高校生を演じるJO1メンバーが、謎の集団との衝突に巻き込まれていく姿が描かれている。佐藤は「アクションやったんですけど、個人的には拓実のアクションにビックリしました! けんかのシーンが個人的に好きですね。オラオラ感があってビックリしました」と振り返る。絶賛された川西は「めちゃくちゃ気持ち入れたんでね」と自画自賛だった。



 また、「STARGAZER」は星の観測者という意味がある。輝く様を近くで見ているメンバー同士で語ってもらうと、河野は「10代のメンバーがホントにうらやましくて…」とぽつり。その後、豆原が「うぇ~い」と大はしゃぎすると與那城は「ここ使ってくださいね(笑)」と自由奔放さに苦笑い。続けて、河野は「今、楽器とかやっと始めだした。10代のころから挑戦したいと思っていた。10代という若いうちにいろんなことに挑戦してほしいですね」と言葉を送っていた。木全は「個人的には豆が大人っぽくなってきた」と話す。豆原は「18歳になったのでね」らしく笑顔を弾けさせながら口にしていた。



 ABEMAで配信された冠特番ではレギュラー番組を行うことを発表していた。また、きょう26日にはリリース記念生配信も実施。「OH-EH-OH」のミュージックビデオ(MV)のフルバージョンの鑑賞会、2ndシングルにまつわるトークセッションなどを実施。ストーリー展開に注目が集まる「OH-EH-OH」MVについて語り尽くす。生配信は、JO1公式YouTubeチャンネルで、午後5時45分から25分の予定となっている。
カテゴリ