デート中言ってはダメ…彼が次に誘えなくなるほど傷つく言葉3つ

デート中言ってはダメ…彼が次に誘えなくなるほど傷つく言葉3つ

自分では何気なく言ったことなのに、男性が不機嫌になり、その後デートに誘われなくなってしまう……。


こんなことが度々あるならば、知らないうちに男性を傷つけているのかもしれません。


今回は、男性が実際にデート中に傷ついたことや、「もう誘えない」と思った女性の発言について聞いてみました。



ちゃんと調べたの?


「僕が選んだ店や場所に対して『ちゃんと口コミ調べて選んだの?』とか、『なんでここにしたの?』と不満そうに言われると傷付きますね。こっちは良かれと思って選んだのに……。ガッカリです」(医療/30歳)


こういった発言は、ちゃんと調べて選んだのに適当に選んだと決めつけられているようで、デートで行く場所を一生懸命考えて来た男性は傷ついてしまうよう。


「また不満そうにされるかも」と思うと、とても次のデートに誘えなくなってしまうでしょう。


他には、ドライブデートでありがちな、迷ったときの発言です。


「道に迷った時、『事前にちゃんと調べたの?』って責められました。ナビの情報が古いとかで調べていても迷うことはあるので、そういうときは協力して欲しいですね」(カフェ店員/23歳)


道に迷うのは、ありがちなトラブルの1つですが、そんなときに一緒に調べる配慮もなく、責めるような女性はもう誘いたくなくなってしまいます。


センスないね


「初デートの待ち合わせで会った瞬間、『その服、センスやばくない?』って言われたんですよね。自分としては気に入ってたものだったのに……。まぁ、色々趣味も合わないのかなって思って、それっきり誘っていないです」(住宅メーカー/29歳)


彼が選んだものやしたことに対して、貶めるような発言をすれば、当然印象は悪いでしょう。


冗談や毒舌が通じる相手だと思っていても、内容によってはやはり男性も傷つきます。


あなたが「センスがない」と感じたことも、彼にとっては好きなものかもしれません。それをセンスがないと一蹴することで価値観が合わないと思われても仕方ありません。


今日は早く帰ろうかな


デートでの失敗事例は?


「『早く帰ろうかな』とか言われたらもう、絶対につまらないのかな?って思ってしまいますよね。もうフラれたも同然と思って、誘えないです」(総務/28歳)


もし早く帰らなければならない理由があるのなら、必ずそれを含めて伝えましょう。


単に「早く帰る」ことだけを伝えると、男性は「自分といてもつまらないんだな」と解釈して、次に誘う勇気を失います。


今後も誘われたいならば。「明日の朝、早いから」と、相手が納得するような理由を添えないと、あらぬ誤解を招いてしまいます。


おわりに


知らず知らずのうちに男性を傷つけてしまうような発言をしていたかもと、心当たりがある人もいたのでは?


デートに誘われなくなってしまうような失言をしないように、相手の気持ちを思いやった発言を心がけたいですね。


(かりん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ