NMB48“新世代ビジュアルエース”山本望叶、進化した美のポテンシャル発揮

NMB48“新世代ビジュアルエース”山本望叶、進化した美のポテンシャル発揮

 アイドルグループ・NMB48の山本望叶(18)が、27日発売のグラビアマガジン『Platinum FLASH」vol.13』(光文社)に登場。昨年12月に活動休止をしたものの、3月にグループに復帰した“新世代ビジュアルエース”が、進化した美のポテンシャルを堂々と発揮した。



【別カット】自撮りショットでキュートな笑顔を見せる山本望叶



  山口県出身の山本は2018年1月の「第3回AKB48グループ ドラフト会議」において、NMB48・チームBIIに指名され、翌19年1月に正規メンバーに昇格。48グループ総監督の向井地美音が「鬼かわいい」と絶賛するほど完成されたビジュアルで、人気を集めていた。



 自身にとって約1年ぶりとなった今回のグラビアのタイトルは「Change My World」。3種類のメイクで異なる世界観を表現し、ホテルでの撮影では大人っぽいぽージグや表情も披露した。



 インタビューでは、復帰した際に「待ってたよ!」と言われたのがいちばんうれしかったことや、NMB48の10周年の意気込みなど前向きな言葉で語った。自身では昔、赤めのリップを使っていたが最近は使わなくなったそうで、流行中の「地雷メイク」も先取りし過ぎていたため「時代がやっと追いついてきた(笑)」と話している。。



 同号にはそのほか、日向坂46の新3期生の高橋未来虹・森本茉莉・山口陽世、日向坂46の影山優佳、乃木坂46の清宮レイ、#ババババンビ、AKB48の福岡聖菜、坂口渚沙&込山榛香などが登場。表紙を飾ったのは日向坂46の齊藤京子、裏表紙を飾ったのは新條由芽。
カテゴリ