アニメ『日本沈没2020』劇場編集版、本予告が公開 

アニメ『日本沈没2020』劇場編集版、本予告が公開 

 小松左京氏の大ヒット小説を原作に7月Netflixで配信されたアニメの劇場版『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』が、11月13日に公開される。27日、同作の本予告が解禁された。



【動画】『日本沈没2020』劇場編集版、本予告



 “国が失われゆく人々のアイデンティティ”という1973年に刊行された原作のテーマを残しつつ、2020年現在の日本を舞台に、未曾有の事態をごく普通の家族の目線で描く大胆な設定を採用。容赦なく襲う大災害、人種や国籍、思想や世代も異なる多様な人々、ネットを背景にした文化など、いま現在の世界がリアルに抱える事象を湯浅政明監督が独自の視点で描く。



 Netflixで配信後はネットで賛否両論を巻き起こし話題を呼んだ。今回の劇場版では、配信時全10話だったストーリーを湯浅監督の手による編集で再構築し、5.1chの劇場仕様の音響と共に、新たな映画作品として生まれ変わらせた。



 劇場編集版の公開に向けて新たに編集された今回の予告では、湯浅監督が本作を通じて真に描きたかったという“祖国が沈んだ後の日本人の心”というテーマをより凝縮した映像となっており、日本が沈んだ後の物語に焦点を当てた構成となっている。



 前半では、大災害の後に襲い来る、究極の危機に直面した衝撃的な日本の姿、目を覆いたくなる“恐怖と脅威”の数々が描かれ、後半にかけては一転、絶望的な状況の中、それでも立ち上がり、再生に向かって進もうとする様々な人々の姿・彼らの“生きる”という力強いメッセージが、アニメーションならではの躍動感溢れる映像とともにリアリティを持って我々に迫ってくる。

カテゴリ