これぞ真の愛!男性が本命女性にあえてやらない行動3選

これぞ真の愛!男性が本命女性にあえてやらない行動3選

付き合い始めた彼が分かりやすい愛情表現をしてくれなかったり、親密になろうとしてくれなかったりしたら、女子は不安になりますよね。


でも男性には、彼女を心から愛しているからこそ「あえてやらないこと」があります。


今回は、そんな行動を3つ紹介します。



あえて辛い体験談を聞かない


付き合っている彼に、あれこれと自分の悩みや過去のトラウマ体験などを話し、シェアしたくなったことはありませんか?


彼にすべてを知ってもらいたい!と思う女子も多いと思います。でも、男性の中には、大好きな彼女の辛い体験談を聞きたくない、という人もいるのです。


彼女のことが好きであるほど、聞いていて自分も辛くなってしまいます。そして、それが過去の話であれば、今自分がどうしてあげることもできない、という無力感を味わってしまうからです。


「俺になんでも話してみろ」という男性より、あえて何も聞いてこない男性の方が、あなたのことを真剣に想ってくれていることもあります。


彼は、今目の前にいるあなたを、無条件で好きでいてくれているのです。


あえて心配させるような話をせず、二人の明るい未来にだけ、目を向けましょう。


あえて友人やコミュニティーを共有しない


「彼がなかなか友人を紹介してくれない」あるいは「自分の友人に会ってくれない」という悩みを抱える女子がいます。


男性の中には、彼女を大切に思うからこそあえて友人やコミュニティーを共有しない、という人も少なくありません。


そのような男性は、なんでもかんでもプライベートを共有すると、逆に険悪になる……というパターンを知っているのです。


たとえば、スポーツや語学など、何らかのスキルアップを目指したコミュニティーを共有した結果、二人がライバルになり、妬み合う関係になってしまった……というようなことです。


共通の友人は少しだけいて、お互い相手とは無関係なコミュニティーに属している。そんな二人が、常に刺激を与えあえて長続きする、というケースはよくあります。


無理やり友人知人をシェアしようとすると、面倒くさいと思われてしまうことも。出会いの輪の広がりは、自然の成り行きに任せましょう。


お金の貸し借りをしない


恋人同士には「助け合いの精神」が大事だと思いますよね。


でも、お金に関しては、二人の関係を大切にしたいからこそ、彼女とのお金の貸し借りを拒む男性がいます。


そのような男性は、自分が彼女に迷惑をかけたくないし、彼女が自分にお金を借りて後ろめたい気持ちを持ってほしくないとも思っている、根っからの彼女思いなのです。


また、自分も彼女も経済的に自立するのが二人一緒に幸せになる道だ、と考えていることもあります。


そんな彼氏でも、災害や事故など不可避の不幸によって彼女がお金に困ってしまった場合は、貸すという意識ではなく、あげたもの、と考えてくれるでしょう。


昔から「お金の切れ目は縁の切れ目」と言います。


縁が切れたら嫌な人とはお金の問題を極力起こさないようにするのが賢明です。


本命こそ「共依存」を避けたい


いかがでしょうか。彼氏に四六時中自分のことを考え、会いたいと思ってもらいたい女子もいると思います。


でも、男性は大好きな彼女であるほど、「共依存関係」を避けるべく、程よい距離感を作ろうとするのです。


「共依存関係」とは、どちらか一方が相手を思い通りに支配しようとしたり、相手がいなくては生きていけないような心理状態になったりするような関係です。


そんな関係がエスカレートすると、DVやモラハラ、ストーカー事件などの不幸を生んでしまいます。


彼の愛情表現がわかりにくくて、愛されているか不安な人は、一人の人間として尊重されているかをまず考えてみましょう。


少女漫画やドラマのようなベタなセリフがなくても、そこには彼の「静かなる男の愛」があるはずです。


(ちりゅうすずか/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ