『MIU404』ヒットを下支えする麻生久美子 主演を引き立たせる女優歴25年の凄み

『MIU404』ヒットを下支えする麻生久美子 主演を引き立たせる女優歴25年の凄み

 女優歴25周年を迎えた麻生久美子。今期ドラマのなかでもストーリー性とキャスト陣の好演で高い評価を得ている『MIU404』(TBS系)でも好演中だ。男たちのバディドラマだが、その中で彼女が紅一点の華として存在感をいかんなく発揮。申し分のない演技力と自然体の色香を漂わせながら、性別を超越する人間的な魅力が、本作の好調な満足度、話題性の高さに起因しているようだ。



【写真】「美背中ばっくり!」クールな女隊長役、麻生久美子の大胆ショット



■『半沢直樹』は大衆を、『MIU404』はコアファンを魅了…麻生久美子の存在感がキーに



 今期ドラマでは日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)が視聴率で抜きんでている。放送開始から6週連続で視聴率は20%超えを記録。放送のたびにSNSやネットニュースは同作の話題であふれる。そうしたなか、同作に勝るとも劣らない支持を得ているのが『MIU404』だ。ドラマ視聴者の満足度を調査したオリコンの「ドラマ満足度ランキング」では、2作ともに満点を獲得し、1位タイを記録している。



 『半沢』は前作の話題性の高さから広く一般層の注目を集めているのに対して、『MIU404』はコアなドラマファンの熱い支持を受けていることが特徴的だ。オリコンの視聴者アンケートには「主人公の上司役の麻生久美子さんの凛とした姿が印象的」(女性50代・埼玉)、「主要キャストの意味ありげな人間模様がおもしろい。コメディでない麻生久美子さんが意外にはまっている」(男性50代・東京)など、むさくるしい男たちのなかで紅一点の印象的な存在となっている麻生の存在感を挙げる声が目立つ。



■視聴者に“内輪感”を感じさせない、麻生の一歩引いた演技とにじみ出る艶っぽさ



 『MIU404』は、綾野剛、星野源、菅田将暉、麻生といった人気と実力を兼ね備える油の乗った中堅キャストが集結していることに加え、野木亜紀子氏の脚本による、社会問題をえぐるように切り取り、ひりつくような登場人物たちの人間ドラマを描く作品性が高い評価を集めている。



 その中で麻生が演じるのは、男社会の部隊をまとめる「機動捜査隊」初の女性リーダー。強烈な個性を放つ綾野と星野に対し、華やかさとキビキビとした物言いで主演2人を鼓舞している。麻生は現場には出動せず、本部から男性隊員8人を見守る役柄。自身の存在を際立たせつつ、対照的な主人公たちのキャラクター性をくっきりと浮かび上がらせる。まさに主演をもり立てる役割としての機能を果たしており、そこには、麻生が醸し出す彼女ならではのにじみ出る艷っぽさも作用している。



 また、本作における麻生の存在は、視聴者側にとって別の役割もある。脚本、プロデュース、演出、主題歌が『アンナチュラル』チーム、キャストは『コウノドリ』チームで制作される本作において、どちらにも属さない異分子として存在することでドラマのカラーを偏らせることなく中和し、視聴者がその一歩引いた演技から“内輪感”を感じずにいられるのだ。



■映画女優として名監督たちに愛された麻生…転機となった“三日月くん”でコメディエンヌとしても開花



 麻生は、1995年に哀川翔が監督・主演を努めた映画『BAD GUY BEACH』で女優デビュー。本広克行監督の『7月7日、晴れ』(1996年)など映画出演が続き、1998年に今村昌平監督の『カンゾー先生』で柄本明と共演。麻生は万波ソノ子役として、露出も厭わぬ体を張った好演で一躍注目を集め、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞をはじめとする数々の映画賞を受賞。女優としてのターニングポイントとなる作品となった。



 その後も、黒沢清監督の『ニンゲン合格』(1999年)『回路』(2001年)などに主要キャストとして起用されたほか、行定勲監督の『ひまわり』(2000年)『贅沢な骨』(2001年)、北野武監督の『アキレスと亀』(2008年)、佐々部清監督の『夕凪の街 桜の国』(2007年)『日輪の遺産』(2011年)など、その人間性や演技が名監督たちに好かれ、地続き感があるなかで海外映画祭でも評価される作品などへの出演が続き、映画を主戦場にしながらキャリアを積み重ねていった。



 そんな麻生のさらなる飛躍への転機となったのが、連続ドラマ初主演となる『時効警察』(テレビ朝日系/2006年)の三日月しずか役だ。独特なボケを連発しながら、オダギリジョー演じる霧山修一朗との掛け合いでしっかりと爪あとを残し、彼をいじり倒しつつ叱咤激励する三日月の姿は視聴者をヤミツキにした。それまで硬派な映画女優というイメージだったところから、脱力感を伴うキュートさがアピールとなる真逆のポジションで、広く一般層へ人気を拡大した。



 近年は、映画をベースにしながら、テレビドラマ出演も重ね、25年の女優歴で培ってきた演技力をいかんなく発揮。バランスのよいメディア露出で自身のポジションを確立し、エンタテインメントシーンの第一線で活躍を続けている。



■順風満帆ではなかった25年の歳月 「自然、温和、柔和」1人の女性としての成長



 麻生の人気の理由のひとつに、にじみ出る色香への支持は高いものの、そのサバサバした飾らない性格などから、“異性ウケ”に終わらない同性にも好かれる“生きざま”がある。過去のインタビューでは、仕事と私生活について「私は仕事をしていた方が、プライベートが充実するタイプ。仕事の充実感は生活の充実にも大きく影響しています。だから、どちらも切り離せないというか、両方とも大切にしています」(eltha/2015年1月)と語っている。



 また、順風満帆な人生を歩んできたわけではない麻生は、複雑な家庭事情があるなかで芸能界を志して厳しい競争の世界に飛び込み、芸能活動をしながら成人。現在では1人の女性として家庭を持っている側面もある。しかし、自身の苦労は意に介さず「もちろん大変な時はありました。でも、今はそんな(どん底の)経験も笑い飛ばせるところまできています。つらい時や大変な時ほど無理やり笑うようにしています」(同上)とする。そんな人生観と芸能活動を通して見せる素顔や生き方が、現代を生きるさまざまな立場の女性たちの共感を広く得ているのかもしれない。



 節目の年を迎え、研鑽を重ねた女優歴25年の貫禄と余裕をにじませる麻生には、「自然、温和、柔和」という言葉がよく当てはまる。『MIU404』では、主演2人を引き立てつつ、“紅一点”という色香をにじませながら、「少し年上」らしさを出した発言と一歩引いた演技で、出すぎず埋もれもしない。自身の立ち位置や与えられた役割を冷静に理解したうえで絶妙の距離感を保つことで、ヒットを下支えしているのだ。



 主演を務めた『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系/2015年)の制作発表では、「深夜ドラマですが、私は視聴率が欲しい」と内に秘める熱き心も垣間見せていたが、『MIU404』においてもベースは同じだろう。スタッフとともに意欲的にその世界観を形づくっている1人であり、ドラマに不可欠な存在となっていることは間違いない。物語はクライマックスに向かっているが、その人気を下支えし、一歩引いて物語をけん引する麻生からこの先も目が離せない。

(文/武井保之)
カテゴリ