もっと仲良くなりたい!彼氏との距離を縮めるには…

もっと仲良くなりたい!彼氏との距離を縮めるには…

好きな人と同じ時間を共有したり、出かけたりするのは、ふたりの距離を縮めるのに欠かせませんよね。


でも、もっとふたりの距離を縮めたい……!そう思ったとき、あなたならどうするでしょうか?


今回は、好きな人との距離を縮めやすくする方法をピックアップしてみました。



名前を呼ぶ、呼び名を決める


好きな人のことを普段、なんて呼んでいますか?


付き合ったばかりのうちは、ほかの人が呼ぶように「○○さん」と、苗字などで呼んでいる人も多いかもしれません。


でも、それだと付き合っている感じがしませんし、どことなく他人行儀な気もするもの。できたら下の名前で呼びたいですし、もっと恋人らしく親しげに呼びたいですよね。


晴れて恋人になれたなら、「名前で呼んでいい?」と彼に聞いてみてはいかがでしょうか。もしくは、ふたりの間で呼び名を決めるのもいいかもしれません。


「普段なんて呼ばれているの?」「ふたりだけのあだ名、考えようよ」など、ふたりのこれからの付き合いをもっと充実させるために、前向きに考えてみて。


関係が出来上がっていないうちに考えたほうが定着しやすいでしょう。


交際日を記録する


彼から告白された日や、晴れてカップルになった日などを、記念日として記録してみてはいかがでしょうか。


交際日がハッキリとしていたほうが、付き合いが長くなったときでも「交際何年目」かがわかりますし、周囲にも伝えられますよね。


曖昧だと、どのくらい付き合ったのかわからず、ふたりの付き合いが長くなったときには関係がなあなあになってしまうかもしれません。


記念日がわかっていれば、付き合って1年、2年、3年……と経ったとき、節目となる日を記念日としてお祝いできるだけではなく、ふたりの関係も再確認できるのではないかと思います。


結婚を考えるときも、ひとつの目安になるので、忘れずに記録しておくことをおすすめします。


カップルアプリで休日を共有する


カップルアプリやスケジュールアプリは使っていますか?


もし使っていないなら、アプリで彼と休日や仕事のスケジュールを共有してみるのもおすすめですよ。お互いのスケジュールがわかれば、デートの約束もしやすくなるはずです。


また、付き合っている人の予定が把握できるので、恋人らしさも味わえるのではないでしょうか?


忙しくて会えない日が続いても、不安を感じるリスクが少なくなりそう。


誕生日や出張、友達と遊びなど。プライベートの予定も入れられると、ふたりのすれ違いを避けられるはず。


ほかにも、デートの記録を残しておくと、前回はいつ頃会って、何をしたのかの確認ができそうです。


「次のデートはどこへ行く?」という話もしやすくなるかもしれませんね。


おわりに


「もっと相手と仲良くなりたい」そんなときは、今回紹介した方法を試してみてください。


彼との距離が縮まって、もっと仲良しカップルになれるように。ふたりの距離が気になる女性は、ぜひ取り入れてみてくださいね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ