ROLLY、コロナで月収2万円に 自慢のお宝の鑑定結果は

ROLLY、コロナで月収2万円に 自慢のお宝の鑑定結果は

 テレビ東京系で放送中の『開運!なんでも鑑定団』(毎週火曜 後8:54~9:54)。9月1日の放送では、緊急特別企画「ミュージシャンのお宝鑑定大会」の模様をお届け。ROLLY、ウルフルケイスケ、蒼山幸子(元ねごと)、Bunta(TOTALFAT)のミュージシャン4人が、「本気で自慢したい」とっておきのお宝を持って登場する。



【写真】「新宿LOFT」での収録風景



 ROLLYは新型コロナの影響でイベントが全て延期・中止になり、月収が2万1160円になってしまったと激白。祖父が遺したボロボロのお宝で起死回生の一打を狙う。「出演のご相談をいただいた時、自宅を隈なく探索し、命からがら押入れの奥から発掘された、古い古いお宝。実家を処分した際に、誰ももらい手がなくてしかたなく引き上げてきた名も無きボロボロのお宝から、このようなあっと驚く展開が待っているとは、夢にも思いませんでした」とROLLY。



 「天保元年のこのお宝にまつわる、その壮大なロマン! そして、とうとう、『開運!なんでも鑑定団』で世界中の人々の注目を一点に集めた訳です。これからは、その鮮やかな鑑定結果も込みで飾られることによってより一層、妖しい魅力を放ち続けると確信しました」と語っている。一体どんなお宝なのか。さらに一度聞けばクセになる、自粛期間中に作ったという曲も披露する。



 ウルフルケイスケは、「実家にずっとある物なので、価値はもちろんどんな物なのか知ることができたら」と、資産家だった祖父が手に入れた人形を持参。長年家族で名前をつけて楽しんできたが、背筋がヒンヤリする怖〜い裏話も…。



 蒼山は祖母が若き日に大枚を叩いて購入したお宝を持って登場。「祖母、母と続いてきた大切な家宝なので、このお宝がどんな人生を歩んできたのかどんな価値があるか知るのが楽しみです!」と語っていた蒼山に対し、ROLLYとウルフルケイスケも思わず「欲しい!」と名乗りを上げる。果たして、結果は?



 そして、Buntaは、今回の出場がきっかけで曽祖母が<とある有名画家>の親戚だと判明。その縁で譲り受けたスゴいお宝に衝撃の鑑定結果が出る。「父親が子どもの頃から飾ってあったお宝なので、これからも大切に飾っていこうと思います」と話していた。



 舞台は、BOΦWYやサザンオールスターズなど数々のミュージシャンが出演してきた伝説のライブハウス「新宿LOFT」。楽器をお宝に持ち替えた爆笑のセッションを繰り広げる。



 ほかにも、芸能生活50周年を迎える春風亭小朝が秘蔵のお宝を披露。ミュージカル女優・入絵加奈子が鑑定団の大ファンである父の願いを叶えるべく、家宝を持って登場する。さらに、病で急逝した夫が遺した<神の手を持つ男>が造った幻のワインに驚きの鑑定結果が出る。
カテゴリ