さくら学院、5ヶ月越しの卒業公演「羽ばたいていきます」 @onefiveとして活動継続

さくら学院、5ヶ月越しの卒業公演「羽ばたいていきます」 @onefiveとして活動継続

 小中学生限定ユニット・さくら学院が30日、2019年度卒業公演『The Road to Graduation 2019 Final ~さくら学院 2019年度 卒業~』を開催し、藤平華乃、吉田爽葉香、有友緒心、森萌々穂が卒業した。4人は今後、6月にCDデビューした音楽ユニット「@onefive」(ワンファイブ)として一緒に活動する。



【写真】中学卒業とともに卒業が“鉄の掟” 卒業生4人のソロショット



 中学校卒業と同時にグループからも卒業する“鉄の掟”があるさくら学院は、2011年度以降、毎年3月に卒業生を送り出してきた。2019年度は藤平、吉田、有友、森の4人が卒業予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月に予定していた卒業公演を中止。その後検討を重ね、無観客配信の形で5ヶ月遅れの卒業公演を実施した。



 開校以来初となる配信ライブは、担任の森ハヤシと共に2019年度をトークで振り返る「最後のホームルーム」と、卒業公演&卒業証書授与式の2部構成。2代目生徒会長を中元すず香が務めた2012年度にリリースしたシングル「My Graduation Toss」で幕を開けると、メンバー紹介ソング「目指せ!スーパーレディー -2019年度-」を元気いっぱいにパフォーマンスした。



 トーク委員長の森は「ふだんは関東圏でしかライブをやってないのですが、今日は地方や海外の父兄さんも見てくださっています。We hope you enjoy our performance. Let’s have a good time!」と流ちょうな英語を交え、配信を見ている国内外の“父兄”(さくら学院ファン)に向けて呼びかけた。昨年5月の転入式では、自身が望んでいなかったトーク委員長に選ばれた森が不服を訴えるハプニングから2019年度が始まったが、1年を経て成長を感じさせた。



 ライブ本編が終わると、いよいよ5ヶ月越しの卒業証書授与式へ。校長を務める放送作家の倉本美津留から一人ひとりに卒業証書を授与された。在校生を代表し、中等部1年の八木美樹が送辞を担当。外出自粛期間中も中3メンバーを中心に課題を出し合い、ダンスの動画を送りあったりしていたことなどが明かされた。



 答辞は卒業生を代表して9代目生徒会長の藤平が務め、メンバーやスタッフに明るく感謝を伝えていったが、直接会えなかった父兄に対してはこみ上げる想いに言葉を詰まらせる一幕も。「開校10周年となるこれからのさくら学院を温かく見守ってくださればうれしいです。さくら学院の卒業生として、ここから新たな未来へ輝くスーパーレディーを目指して頑張ります! さくら学院大好き!」と締めくくった。



 卒業生、在校生の12人で「旅立ちの日に」を合唱し、ラストナンバーは、さくら学院の始まりの曲「夢に向かって」。有友は曲中で「私はさくら学院が大好きだ!」と叫んだ。



 最後に卒業生4人だけがフロアに残り、「さくら学院で学んだことをこれからのスーパーレディーへの道で役立てたいと思います。今まで本当にありがとうございました」(森)、「さくら学院に入ってたくさんの方と出会えました。私はさくら学院にいた日々が本当に幸せでした」(有友)、「最初は本当にひょろひょろで何もできなかった私が、今ではみんなからお母さんとか言われるぐらいの頼れる存在になれたんじゃないかなと思います。これから私たち4人は羽ばたいていきます」(吉田)とそれぞれあいさつ。



 最後に藤平は「こんなに素晴らしいところに転入してきて、本当に幸せで毎日が夢のようでした。これから私たちは@onefiveとして4人で活動していきます。みんなでステキなステキなスーパーレディーになって輝いていきたいと思います」と決意表明。「以上、さくら学院でした! バイバイ」といつものエンディングコールをすると、4人で「ありがとうございました」と声をそろえた。



 卒業生4人は音楽ユニット@onefiveとして、今後も一緒に活動。さくら学院卒業後もメンバーが同じユニットで活動を継続するのは、BABYMETAL以来となる。



■『The Road to Graduation 2019 Final ~さくら学院 2019年度 卒業~』

1. My Graduation Toss

2. 目指せ!スーパーレディー-2019年度-

3. FLYAWAY

4. #アオハル白書

5. モノクローム

6. クロスロード

7. 未完成シルエット

8. Jump up

【卒業証書授与式】

EN1 旅立ちの日に

EN2 夢に向かって
カテゴリ