上野樹里&玉木宏『のだめカンタービレ』6年ぶり地上波再放送へ

上野樹里&玉木宏『のだめカンタービレ』6年ぶり地上波再放送へ

 女優の上野樹里と玉木宏が主演を務め大ヒットしたフジテレビ系“月9”ドラマ『のだめカンタービレ』(2006年10月期)が、2014年7月以来、6年ぶり7度目となる地上波再放送が決定した。天才音大生“のだめ”こと野田恵、ドSな指揮者志望の千秋真一を演じる上野や玉木らキャストの体当たりの熱演が話題を呼び、クラシックブームをけん引した同作が9日より(月~金 後3:50分)から平日夕方帯で復活する。



【別カット】のだめ(上野)&千秋(玉木宏)の熱演も話題に



 今作は二ノ宮知子氏による同名の大ヒット漫画を実写化。超個性的なキャラクターたちが織り成す爆笑青春クラシックコメディー。桃ヶ丘音楽大学ピアノ科の3年生ののだめは音楽を一度聴けば弾けてしまうという天才的な一面を持ちながら、楽譜を読むことが大の苦手でもあり、作曲者の意図を無視して暴走する演奏をしてしまうこともしばしば。



 一方、同じピアノ科の4年生・千秋は、ピアノやヴァイオリンは一流、というエリート。指揮者を目指し、密かに勉強を続けていた千秋は、飛行機恐怖症のせいで海外留学すらままならないという不遇の天才。そんなのだめと千秋の2人がひょんなことから出会い、一緒にレッスンを始めることになって…。



 地上波放送当時、全11話の平均視聴率は18.9%(関東地区世帯、ビデオリサーチ調べ※以下同※)。最終回は21.7%という高視聴率で締めくくだれた。最終回の放送終了後、フジテレビホームページ内のドラマ公式サイトには、アクセスが殺到し「奇跡のような作品」「音楽のすばらしさをあらためて知った」「胸がいっぱいになった」などの賞賛のメッセージが数多く寄せられたそう。



 上野は今作以来13年ぶりの月9ドラマ主演を『監察医 朝顔』(第1シーズン/2019年7月期)で飾り、その『監察医 朝顔』は今秋より第2シーズンとして、月9ドラマとしては初の2クール連続放送で帰ってくる。一方の玉木も主演作『竜の道 二つの顔の復讐者』(2020年7月期)が放送されている。『のだめ』とは違った魅力をそれぞれが現在別作品でも発揮している。



 フジテレビ編成部・野崎理氏はSNS上でも今作の再放送希望が多かったことを挙げ、「秋から始まる『監察医 朝顔』で主演を務められる上野樹里さん、そして、現在火曜21時枠で放送中の『竜の道 二つの顔の復讐者』で主演を務められる玉木宏さんが、それぞれ演じられる役柄とはまた違った魅力が、このドラマを通じて、視聴者の皆様にお届けできるのではないかと思います」とコメント。



 「また、このドラマを演出した一人が、10月から始まる『ルパンの娘』を演出し、昨年公開の『翔んで埼玉』で日本アカデミー賞最優秀監督となった武内英樹監督ということで、そういった意味でも、色々な視点から楽しめるかと思います。来週9日の水曜日から始まる『のだめカンタービレ』で、のだめと千秋の2人が奏でるハーモニーをぜひお楽しみください!」と呼びかけている。
カテゴリ