武井咲、『黒革の手帖』で3年ぶりドラマ復帰「元子以外考えられなかった」

武井咲、『黒革の手帖』で3年ぶりドラマ復帰「元子以外考えられなかった」

 女優の武井咲がテレビ朝日系ドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行(かいたいこう)~』(今冬放送予定)で約3年ぶりにドラマに復帰することが明らかになった。ママになった武井が、「原口元子以外での復帰は考えられなかった」と“稀代の悪女”元子ママ役を再び演じる。



【写真】3年前の連ドラ最終回の頃の武井咲



 2017年7月期に同局系木曜ドラマ枠で放送された『黒革の手帖』に主演した武井。松本清張作品初挑戦にして、『黒革の手帖』史上最年少の原口元子役に抜てきされた。“稀代の悪女”と言われる元子を体当たりで演じ、物語が進むにつれ、女優としての新境地を開拓して話題になる中、EXILEのボーカルTAKAHIROとの結婚、第1子の妊娠を発表して、驚きと祝福の嵐を巻き起こした。



 武井は「2017年に『黒革の手帖』の撮影と放送を終えてからも、この作品のことを忘れたことはありませんでした」と話すほど、思い入れは強く、「いろいろなご意見もいただいて、それに対するある種の闘争心を燃やしながら取り組んでいました。そういう意味でも元子と重なる部分があり、演じ終えたときの達成感は今でも鮮明に覚えています」と連ドラ撮影時を振り返る。



 「3年という時間が経ったとは思えないくらい、元子という女性は常に近くにいたような感覚」を抱いていた武井は、再び元子を演じることが叶って、「“こうしたいな”“あぁしたいな”って考え出すと止まらなくなってしまって、夜も眠れなくなってしまうんです!」と、作品に没頭していることを明かしていた。



 連ドラの『黒革の手帖』は、メガバンクから1億8千万円を横領し、若さと美貌と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、銀座最年少ママへと上り詰めた元子が、最終回で警察に逮捕されて終わった。その3年後、刑期を終えて出所する元子が、新たなスタートを切るところから新作のドラマスペシャルははじまる。彼女が復活の地に選んだのは金沢。1958年に松本清張が発表した短編小説『拐帯行』をもとに、古都・金沢で“稀代の悪女”が再び頂点を目指してはい上がっていく。



 記念すべきドラマ復帰作となる本作、武井が再びどのような“原口元子像”を見せてくれるのか。「私自身も刑務所を出た元子の新たなスタートに胸が踊ったので、皆さんにも元子の行く末を見届けていただきたい!」と呼びかけている。



■武井咲のコメント(全文)



 2017年に『黒革の手帖』の撮影と放送を終えてからも、この作品のことを忘れたことはありませんでした。3年という時間が経ったとは思えないくらい、元子という女性が常に近くにいたような感覚でしたので、正直、お芝居への復帰は「元子じゃないと」「『黒革の手帖』じゃないと」という強い思いがあったんです。なので、今回のお話をいただいたときは本当にうれしかったです!



 『黒革の手帖』は、特別でとても大切に思っている作品。連ドラを撮影しているときもいろいろな方からいろいろなご意見をいただき、それに対するある種の闘争心を燃やしながら取り組んでいました。そういう意味でも元子と重なる部分があり、演じ終えたときの達成感は今でも鮮明に覚えています。



 私の中で元子という女性のイメージはもう出来上がって固まっているのですが、それでもやっぱり「こうしたいな」「あぁしたいな」って考え出すと止まらなくなってしまって、夜も眠れなくなってしまうほど! それくらい今は毎日楽しい現場を過ごしています!



 今回のスペシャルは連ドラとはまた違ったストーリー。元子が刑務所から出てきた“その後”を描いています。私個人としても、その始まり方といい、ストーリーの駆け上がり方といい、演じていて“燃えます”! 悪女は楽しい! 元子のようなキャラクターってなかなかいないですからね(笑)。



 着物を着て、豪華なクラブのセットに立つと、見えないたくさんのスタッフさんたちから背中を押してもらっているような気持ちになるんです。チームが同じ熱量で作品に挑めているので、毎日楽しくて本当に幸せです。



 ドラマのお仕事に復帰させていただく記念すべき作品になるので、私自身もとても愛情がありますし、生半可な気持ちでは立てない現場だということは連ドラのときに身に沁みてわかっていたので、今回も私なりに精いっぱい準備して挑みました。



 私もいち『黒革の手帖』ファンとして、刑務所を出た元子の新たなスタートに胸が踊ったので、皆さんにも元子の行く末をぜひ見届けていただきたいです。絶対に期待を裏切らないストーリーが待っています!
カテゴリ