裏の裏をかけ!男を喜ばせる「恋の駆け引き上級編」

裏の裏をかけ!男を喜ばせる「恋の駆け引き上級編」

恋の駆け引きといえば「押して引いて」が基本的な手段としてあげられるでしょう。


しかし、すでに相手に把握されてしまっている場合もあるので、裏をかかなくてはいけません。


そこで、「恋の駆け引き上級編」と題して、男性を喜ばせる方法を紹介します。



とにかく押して一切引かない


「彼女と出会ったとき、僕はあまり興味がなかったんです。でも、彼女が積極的で、何度も断ったんですがそれでもめげずに連絡をくれたんです。駆け引きもできない、真面目な人なんだと思って惹かれていきました」(28歳/IT)


「押して引いて」が基本と言われますが、駆け引きができない不器用な女性を好む男性もいます。


とにかく押して、うまく不器用さをアピールすれば、それが純粋や真面目といったイメージにつながって好印象を与えられます。


ギャップを設ける


「彼女と付き合う前、友だちから『あの子は堅い』という噂を聞いていたんです。ちょっと警戒していたのですが、実際に会うと楽しくて事前情報とのギャップがあっただけに余計にいい子だと思いました」(26歳/番組制作)


周りからの評判と実際に会ったときのギャップは誰もが惹かれてしまうもの。


あえて印象のギャップを作るのも一つの手です。


突然呼び出してみる


恋の駆け引き、どうしたらいい?


「女の子から急に『いま何してますか?』と連絡があって、急だし面倒くさいから誘いは断るんだけど、ちょっとだけ悪いなという気持ちもあるんです。だから、次はOKしようという気持ちになります」(25歳/教育)


突然呼び出すというのは、あまり礼儀のいいことではありません。あらかじめ連絡して、予定を立てて会うのが筋でしょう。


ただ、突然の誘いで断ったあとに残る「申し訳ない」という気持ちを誘うのがこのテクニック。


あまり頻繁に使うと逆効果ですが、たまに使ってみてはいかがでしょうか。


おわりに


恋愛の駆け引きは、効果的に使うものですが、なかなかタイミングが難しいものです。


とにかく大切なのは、熱くなり過ぎないことです。


周りが見えなくなると、相手が迷惑だと感じる行為も分からなくなります。


マナーを守って効果的に仕掛けましょう。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ