大橋未歩、自宅は「呪いの館」 ウンナン内村に部屋イジられ照れ

大橋未歩、自宅は「呪いの館」 ウンナン内村に部屋イジられ照れ

 元テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが2日、都内で行われた『ギャラリークレヴィア有楽町イトシア』プレオープンイベントに出席した。



【写真】大橋未歩アナが内村光良に「呪いの館」とイジられた部屋



 10月3日にオープンする『ギャラリークレヴィア有楽町イトシア』は、モデルルーム併設型ギャラリーで、都心・東エリアにおける新築分譲マンションの販売拠点および「クレヴィア」ブランドの情報発信拠点。内装は厳選された日本全国の伝統工芸であふれており、木材や和紙、織物を使用した内装や美しい調度品にこだわった、ホテルのラウンジのようなラグジュアリーで落ち着いた空間となっている。



 自宅はマンションで「みんなが遊びに来られるような癒しのある空間」をテーマに部屋作りをしたという大橋。「緑がとても好きで癒されたいと思って、庭がほしくて1階の部屋にした」と説明し、「コンセプトは家全体がイスっと思っていまして、ソファーを置いてしまうと座る人数が限られてしまうので、小上がりを作った。段差を作ることで、いろんなところで座ってもらいたいなと」とリビング写真を公開した。



 小上がり部分のエピソードとして「ステージにもなるのですが、後輩のアナウンサーがダンスがうまい子が多くて、家に来た時に小上がりで踊ってくれました。いろんな使い方があります」とにっこり。



 また、部屋はやや薄暗いこともあって「呪いの館だと言われるんですよ。某番組でウッチャンナンチャンの内村光良さんに『呪いの館みたい』と言われて…。植物がぶら下がっているところとか…」と照れながら笑いを誘った。
カテゴリ