ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】

ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】

前回のブラクロ。


サリー登場。


ブラッククローバー 第140話「ユリウスの頼み事」【感想コラム】





■ユノとアレクドラ

ハモン「皆さん、これから報告ですか」


ユノ、クラウス&ミモザちゃんと一緒にアジトへ帰還。

ハモンさんに話しかけられるも、あまり口数の多い方ではないユノは、会話が弾みません。



そして、アレクドラはそんなユノの態度が気に喰わず、エルフ転生騒動時のユノの活躍も、運がよかっただけなのだと思っていました。



クラウス「ユノ、もう少し愛想よくしたらどうだ?」


というクラウスだけど、ユノ自身は愛想よくしているつもりでした。


■魔獣退治

ユノ、クラウス、ミモザちゃんはヴァンジャンス団長に任務達成の報告をします。

そこにはランギルス副団長もいました。


画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
ランギルス、別に干されているわけではなく普通に副団長なんですよね。

本誌では何故出てこないんでしょうね。


そのあたりの話も描かれてほしいです。


ヴァンジャンス団長は、新しい任務の話をします。

ソッシ村でイノシシが暴れている、という話でした。


アレクドラ「私にお任せを。イノシシごとき一人で十分です」


ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
ランギルス「ただのイノシシならね」


そのイノシシは、炎をまとった魔獣でした。



アレクドラ(相手が何であろうと、貴様より成果をあげてみせる)


と、アレクドラはひそかにユノへの対抗心を燃やしていました。


■ソッシ村へ


「金色の夜明け団」の面々がソッシ村につくと、村の子供たちは「黒の暴牛」じゃないんだ、とがっかりしていました。


※ソッシ村は「白夜の魔眼」が最初に襲撃した村です。


村の人の話によると、イノシシは以前より凶暴化しているそうです。それを聞き、なにか思うところのあるユノ。


ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

一同はイノシシを確認し、アレクドラは討伐作戦を実行しようとしました。

けれど、ユノは「ただ倒すだけなら「黒の暴牛」でも出来ます」、と指摘し、イノシシ暴走の原因を探ることを提案しました。


アレクドラ「貴様……」


しかし、アレクドラはユノの胎動が気に入りませんでした。


ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
そこで、イノシシ討伐を行うアレクドラたちと、別行動をするユノ・クラウス・ミモザにわかれます。


■イノシシ討伐

ハモン「このイノシシの味はどうなのでしょうねえ」



硝子魔法のハモンさん、羅針盤魔法のレトゥア、ダイス魔法のダヴィドも活躍し、


ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
「金色の夜明け」団はイノシシを討伐していきます。エルフに転生していたメンバーですね。

一方、ミモザちゃんは魔力を放つ木のみが騒動の原因だと突き止めました。



結局、ユノ・クラウス・ミモザが原因を突き止めたことが正解となって、騒動は解決となりました。


感謝する村人たちと、悔しいアレクドラ。


ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
■ダンジョンと夜盗

次の任務は、新たに出現したダンジョンの調査でした。

ダンジョンは何者かに荒らされていて、付近ではスペード兵の目撃情報もあるようです。


ヴァンジャンスは今回の任務の指揮をアレクドラに任せますが、ランギルスはユノの方が適任だと考えていました。



ランギルス「まあ小生意気でいけすかないですが」

ヴァンジャンス「君は変わったね。もちろんいい意味で」


ヴァンジャンス「私はね、アレクドラにもかわってほしいんだよ。君のようにね」



ダンジョンを荒らしているのは、スペード兵ではなく夜盗でした。


アレクドラはユノやミモザちゃんたちを指揮し、ダンジョンに突入。

夜盗たちは魔道具の力で魔力を底上げしていましたが、


ユノ「その程度じゃ俺たちは止められない」


ブラッククローバー 第141話「金色(こんじき)の家族」【感想コラム】画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
難なく退治していきます。


■ユノの勝利


「なんだ、もうここまできたのか」


奥で待ち構えていたのは、元魔法騎士団員である男でした。


アレクドラ「貴様に勝ち目はない」


砂魔法で攻撃するアレクドラでしたが、敵の黒土魔法との相性は悪く、やられてしまいます。



ハモン「これは厄介ですねぇ」


ハモンさんやクラウスの攻撃も防がれます。

敵の魔道具は、魔法を吸収してしまうという厄介な効果を持つものでした。


「こいつはダンジョンの一番のお宝さ」


という夜盗のボス。

ユノの精霊魔法すら吸収されてしまいます。


しかし、ユノは魔道具の力を借りてもその程度、と余裕でした。



一同は連携し、地面を崩して相手を落とすという戦法で攻め、見事魔道具を奪いました。


最後はユノが魔法による攻撃で勝利。道具に頼るだけでは、強くはなれないのです。



ユノ「俺も言っただろ。お前は俺たち金色の夜明け団の敵じゃないってな」


■少しだけみんなと打ち解けたユノ


帰還後、アレクドラは自分だけやられてしまったという失態を認めますが、ユノはアレクドラの指揮のおかげで勝てたのだと言います。

何故自分をかばうのか不思議に思うアレクドラでしたが、


「仲間だからです」


ユノの言葉はシンプルでした。


表情の変化が乏しくても、ユノは仲間想いで優しいのです。

それを知ったアレクドラはユノのことを少しだけ認め



アレクドラ「すまなかった」


ユノ「なにを謝っているのかわかりません」


アレクドラ「貴様は本当にわからないのだろうな。だが、こうせねば私の気が済まん」


アレクドラ「言っておくが、貴様を認めたわけではないからな」


とツンデレを発揮するのでした。


その後、ユノはハモンさんに食事に誘われます。



クラウス「ユノ、照れてるのか?」

ユノ「照れてません」

ミモザ「照れてますわ」

ユノ「照れてない」



こうして、仲間たちとの絆が深まったユノでした。



というわけで、原作ではあまり描かれなかったユノと仲間たちの物語でした。

原作を読んでいるファンの多くは、ユノと「金色の夜明け」メンバーが仲良くなっていくところを見たかったのだと思います。


ファンの期待にも応えた、いいアニオリ回でした。


 


ブラッククローバー 感想コラムのまとめ





アニメ『 ブラッククローバー 』 「白夜の魔眼」のまとめ&今後の見どころ【感想コラム】





■ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!





第1話「アスタとユノ」
第2話「少年の誓い」
第3話「クローバー王国、王都へ!」
第4話「魔法騎士団入団試験」
第5話「魔法帝への道」
第6話「黒の暴牛」
第7話「もう一人の新入団員」
第8話「ゴーゴー初任務」
第9話「獣(けもの)」
第10話「護る者(まもるもの)」
第11話「とある日の城下町での出来事」
第12話「魔法帝は見た」
第13話「続・魔法帝は見た」
ブラッククローバー1クール目まとめ~今からでも観れるブラクロ~
第14話「魔宮(ダンジョン)」
第15話「ダイヤモンドの魔導戦士」
第16話「仲間」
第17話「破壊者」
第18話「追憶の君」
第19話「崩壊と救済」
第20話「王都集結」
第21話「王都騒乱」
第22話「魔法乱舞」
第23話「紅蓮の獅子王」
第24話「ブラックアウト」
第25話「逆境」
ブラッククローバー14~25話おさらい
第26話「手負いの獣」
第27話「光」
第28話「心に決めた人」
第29話「道」
第30話「鏡の魔道士」
第31話「雪上の追跡」
第32話「三つ葉の芽」
第33話「いつか誰かの為になる」
第34話「光魔法VS闇魔法」
第35話「裁きの光」
第36話「三つの眼」
第37話「魔力無き者」
第38話「魔法騎士団団長会議」
ブラッククローバー26~38話のまとめと「白夜の魔眼」について
第39話「三つ葉の敬礼」
第40話「黒の海岸物語」
第41話「水の娘成長物語」
第42話「海底神殿」
第43話「神殿バトルロワイヤル」
第44話「愚直な火球と奔放な稲妻」
第45話「諦めの悪い男」
第46話「覚醒」
第47話「唯一の武器」
第48話「絶望VS(バーサス)希望」
第49話「限界の先」
第50話「戦いの果て 絶望の終わり」
第51話「正しさの証明」
ブラッククローバー 39~51話まとめ+アニメ1年目おさらい
第52話「強い方が勝つ」
第53話「仮面の奥」
第54話「もう二度と」
第55話「ファンゼルという男」
第56話「続・ファンゼルという男」
第57話「潜入」
第58話「戦場の決断」
第59話「憎悪の炎」
第60話「離反者の贖罪」
第61話「約束の世界」
第62話「高め合う存在」
第63話「何でも無い」
第64話「運命の赤い糸」
ブラッククローバー 52~64話まとめ 5クール目「魔女の森編」
第65話「ただいま」
第66話「白夜の魔眼のひみつ」
第67話「楽しいお祭りWデート」
第68話「死闘!? ヤミVSジャック」
第69話「荊乙女の憂鬱」
第70話「二つの新星」
第71話「無冠無敗の女獅子」
第72話「セントエルモの火」
第73話「王撰騎士団(ロイヤルナイツ)選抜試験」
第74話「誓いの花」
第75話「激戦」
第76話「魔道士X(エックス)」
ブラッククローバー 65~76話まとめ 6クール目【総括】





第77話「因縁」
第78話「下民(げみん)の罠」
第79話「ヤンキー先輩VS筋肉バカ」
第80話「優等生の弟VS不出来の兄」
第81話「ある一人の男の生き方」
第82話「プチット・クローバー!悪夢のチャーミーSP!」
第83話「今、焼き付ける」
第84話「勝者」
第85話「裸の付き合い」
第86話「ヤミとヴァンジャンス」
第87話「王撰騎士団(ロイヤルナイツ)結成」
第88話「白夜の魔眼アジト 突入!!!」
第89話「黒の暴牛アジト」
ブラッククローバー 77~89話まとめ 7クール目【総括】
第90話「ムチャクチャな魔法戦」
第91話「メレオレオナVS(バーサス)不実のライア」
第92話「魔法帝VS(バーサス)白夜の魔眼頭首」
第93話「ユリウス・ノヴァクロノ」
第94話「新しい未来」
第95話「転生」
第96話「黒の暴牛団長VS(バーサス)深紅の野薔薇」
第97話「圧倒的劣勢」
第98話「眠れる獅子」
第99話「命懸けの生きる道」
第100話「オマエには負けない」
第101話「最果ての村の命」
第102話「2つのキセキ」
ブラッククローバー 90~102話(エルフ編序盤)まとめ&アニメ3年目開始記念・2年目の感想とおさらい【総括】
第103話「因果解放」
第104話「怒りの雷VS仲間」
第105話「笑顔 涙」
第106話「復讐の道 償いの道」
第107話「決戦 クローバー城」
第108話「戦場の舞姫(まいひめ)」
第109話「空間魔道士の兄弟」
第110話「暴れ牛 頂上決戦参戦!!」
第111話「鏡の中の瞳」
第112話「信じられる人間」
第113話「突入 影の王宮」
第114話「最後の入城者」
第115話「黒幕」
ブラッククローバー 103~115話(エルフ・転生編~悪魔登場まで)まとめ&今後のみどころ【総括】
第116話「最強の天敵」
第117話「今 封を切る時」
第118話「時空を超えた再会」
第119話「終わりの一撃」
第120話「夜明け」
第121話「3つの困ったこと」
第122話「真っ黒けっけ」
第123話「ネロ、追懐そして…前編」
第124話「ネロ、追懐そして…後編」
第125話「帰還」
第126話「碧薔薇の告白」
第127話「手掛かり」
第128話「ハート王国へ!」
ブラッククローバー 116~128話(言霊の悪魔戦~ハート王国入国)まとめ&今後のポイント【総括】
第129話「悪魔メギキュラ」
第130話「新・魔法騎士団団長会議」
第131話「新たなる決意」
第132話「目覚める獅子」
第133話「続・目覚める獅子」
第134話「集められた者たち」
第135話「心に、心に、心に決めた人」
第136話「黒の深海物語」
第137話「チャーミー百年の食欲とゴードン千年の孤独」
第138話「ザラを継ぐ者」
第139話「魔女の帰郷」
第140話「ユリウスの頼み事」
第141話「金色(こんじき)の家族」

(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ